『半妖の夜叉姫』第22話の謎 希林理の“妖霊星”発言にザワッ。理玖との繋がりが隠れている?新たな説が浮上中

希林理=理玖説が囁かれているのは、名前の“理”の字が被ることに加え、理玖が海外の言葉を知っていたこと、そして喋り方や雰囲気が似ていることが大きな理由。これまで理玖には現代からきている説もありましたが、彼こそが希林先生だったという可能性も高くなってきました。

そういえば、理玖は妖霊星についてもよく知っていた様子でした。希林先生から出た意味深な妖霊星発言には、理玖との繋がりが隠されているのかもしれません。

また、第21話の理玖の様子から、希林先生は心を得て傀儡ではなくなった理玖の姿だという意見や、戦国時代でとわと結ばれた理玖が、もう一度とわに出会うために現代で教師となってとわを待っているのではないかと予想を立てる人も。
希林理=麒麟丸+理玖説を推す視聴者からは、理玖が麒麟丸の分身説が有力視されていることをふまえ、希林先生が麒麟丸と理玖両方に似た要素を持っていることに注目する意見が目立ちました。

生まれ変わり説や子孫節も

34 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは