『ダイの大冒険』第47話、ヒュンケルの想いがアツい…!ダイとポップの"アバンの書"にも「泣くんだけど」「先生が存在してる」

掲載/更新 0
IMAGE
さらに、レオナに「これで全員ね」と声をかけられ、同時に「あと1人」を思い出すダイとポップが連れてきたのは……“アバンの書”!

「アバンの書持って最後の冒険行くのめちゃめちゃ泣くんやが」「ダイとポップの以心伝心、可愛すぎるな?」「先生が存在している…」「想いが溢れてる」「故郷へ一緒に連れていってあげる優しさ、良い」と、今ここに居ない“仲間”の存在を忘れないヒュンケルやダイたちの姿に視聴者もグッと来た様子でした。

バランに変化が?名シーンが最高!

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」 第47話予告 「いざ決戦の地へ」
いっぽう、大魔王バーンから命令を受け、バランの居場所をつきとめたキルバーン。
バランはキルバーンの目的が自分の暗殺であることを見抜き、その上で大魔王バーンの“真の目的”についてたずねます。

それが“強さのみがすべてを支配する魔界ごと地上に浮上させ、地上そのものがなくなること”だと聞くと、「人はそれを地獄と呼ぶのだ!」とキルバーンを一刀両断するのでした。

大好きなシーン来た!」「構図、迫力、カタルシス 最高」「人の心が芽生えてきてるバラン」「ダイと殺し合った時とはもう大きく変わっているんだね」と、バランが人の立場から怒りを顕にしたことに心を動かされる人が続出。
今後、バランの心がどう動いていくのか注目です。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません