モルカーの進化に驚き!『PUI PUI モルカー』第11話感想、歴史改変でついにシロモの姿が…?

掲載/更新 0
しかし、モルカーが跳ね上げた雪により苦労しておこした火が消えてしまい、激怒した原始人に追われる博士&助手&モルカー。
追い詰められ、絶体絶命な2人と1匹(1台?)の前に現れたのは、巨大なモルモット
人間より大きく、恐竜のようなモルモットに恐れをなした原始人は早々に逃げ出し、見つめ合うモルカーとモルモット。
2匹の邂逅に「え、かわいい」「リアルモルモットに匂いかがれてる!」とびっくり。

博士の持つ本の「モルカーの歴史」の本によると、モルモットから進化してモルカーが誕生したらしく……。
吹雪に凍えるモルモットに、モルカーに積んであった毛糸の防寒具を着せてあげる博士と助手。
モルカーとモルモットの出会いに、SNS上も大興奮! リアルモルモットは、見里朝希監督のお姉さん・女優の見里瑞穂さんのおうちの「つむぎちゃん」だそうです!
無事現代に戻ってきたタイムモルカーと博士たち。
すると、街を走るモルカーには恐竜時代のモルカーにあげたものと同じ、毛糸の防寒具が……。

これには「モルカーは独自の生き物ではなく、モルモットから進化したものなのか!」「いや、あのとき防寒具をあげなければモルモットは寒さで小さくなる進化を遂げたかも……?」「じゃあ、私たちの住んでいる世界は、モルモットがモルカーにならなかった世界線……?」などの様々な考察が。

歴史改変によりシロモが元の姿に?

19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません