宮野真守ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』ハイテンション店長がウザ面白い!

宮野さん演じる強烈キャラ「アニメイト店長・大仁田」

そんな『ゆうたの』の放送に際して大きな話題となったのが、声優としてもアーティストとしても大人気を誇る宮野真守さんの10年ぶりのドラマ出演。

たくみの勤めるアニメイトの店長「大仁田」役としてドラマに出ることを自身のブログでも報告していました。

そしてその宮野さんご本人がブログ内で「ちょっと(?)うるさいのですけど(笑)」とおっしゃる通り、この大仁田店長がまあ本当にうるさい(笑)。

でもその”うるささ”が癖になるようで、『ゆうたの』は毎回放送後には宮野さんならではの演技を絶賛する声がズラリ。
「宮野さんキャラ濃すぎ!」
「口以上に喋ってる顔芸がすごい」
「今週も主役を食う勢いだったわ(笑)」
「顔がうるさい(誉め言葉)」

とにかく宮野さんは顔の動きもセリフの言い方も、何もかもがいい意味でやりすぎで、出演時間が短いにもかかわらず見る人すべてに強烈なインパクトを与えるのです。
20 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは