『ひぐらし卒』第7話 感想と考察 羽入に不吉な噂…沙都子には失敗フラグか?「梨花が怪しむでしょ」「無理がある」

掲載/更新 1
IMAGE
これには、「沙都子の目、怖すぎ!」、「圭一たちっていう仲間がいるのに、こんなひどい嘘つかなくても…」、「まさか沙都子より鉄平に同情する日が来るとは…」と多くの人が衝撃を受けることに。

『業』の「祟騙し編」で考察が盛り上がった鉄平による虐待は、やはり沙都子のでっちあげだったと多くの人が確信したようです。
一方、沙都子は過去に両親がダムの誘致派だったことで村人に迫害されていたことも事実。
特に旧作『ひぐらし』では、商店街でちやほやされる梨花と無視される沙都子……というシーンもあり、雛見沢村の因習が生々しく描写されています。

沙都子が言う村でのいじめは、100%の嘘でもない。親族の鉄平すら沙都子を虐待してたのは悲惨」と複雑な気持ちになったり、「沙都子は今も鉄平を許してないよ。手が触れるのも本能で避けてるし」と、沙都子の心情を察する声も。

⇒次ページ:沙都子は急ぎ過ぎた?梨花に怪しまれる可能性

沙都子は急ぎ過ぎた?梨花に怪しまれる可能性

また、沙都子については今回、繰り返す悪夢(惨劇)で泣く梨花を慰める際、「感情的になって疑われる原因を作ったのでは」というのも話題に。

何度ループしても、雛見沢を出ることを罪だと思わない梨花に、いら立ちを募らせる沙都子。
悪夢の原因について、梨花が雛見沢を出て‟ある学校”に行きたいというのを寝言で聞いた。それが原因では?と、まるでルチーア学園に行く未来を知っているような言い方をしてしまいます。
強引な誘導尋問に、視聴者も驚愕。
「寝言は無理があるんじゃ!?」、「これは梨花ちゃん怪しむでしょ? 怪訝な顔してるし」と沙都子を疑うことに期待する声もあったのですが、最後に梨花が謝ったため「結局、沙都子の計画通りか……」とがっかりしたようです。

しかし、『業』の「猫騙し編」は梨花が沙都子のループを問い詰めるような終わりになったため、あとで思い返して怪しむ原因になった可能性もあるでしょう。
沙都子の失敗フラグ、鉄平の死亡フラグなど、さまざまな予感をかきたてた「祟明し編 其の壱」。
次回も、自分のために団結する圭一たちを沙都子はどう思っていたのか? 大石刑事との接触は? など、気になるところが盛り沢山です。
「ひぐらしのなく頃に卒」PV第2弾

「ひぐらしのなく頃に 卒」放送情報

23 件

この記事のタグ

Comment

2021-08-16

今回の話は惨劇のネタバレみたいだから本編は最終的にハッピーエンドに帰結する。
そのあとはどうあがいても梨花とは一緒になれないか決別する運命だと思う。
お互いの違いを認め合って違う人生を生きるのがハッピーエンドかな。