祭り感がハンパない!『Paradox Live(パラドックスライブ・通称パラライ)』2ndリアルライブレポート

掲載/更新 1
「朝5時半に起きたけど、道に迷ってちょっと遅れました!」と語るのは畠中さん。
ライブのトップバッターを務めた悪漢奴等からは、畠中さんが登場して最初のセリフ「座ってんじゃねーぞ!」でお客さんを立たせる予定だったけど、すでにみんな立っていたのでセリフを変えようかと思ったけど思いつかず……と、1曲目の裏話も飛び出します。

そして、メンバーの「もっともっと盛り上がっていきましょう!」の声で新チームのターンへ。

新チームには看守不在の狂犬たちが!?

新規参戦チームのトップを飾ったのは、VISTY。3/30に発売された新曲「For my Stella」は、ステラ(ファン)を笑顔にしてくれるかわいい楽曲。

今回が初お披露目のポップでカラフルな衣裳にキャラを意識したヘアメイク、ダンスも披露してアイドルさながらの“かわいい”と“カッコイイ”が共存しています。
曲のラストは投げキスと、ハートショットポーズでカッコかわいくキメッ!
ポップなステージから一転、荘厳な前奏が流れAMPRULEが登場。
ゴシックで重厚な衣裳のふたりが手にしていると、ライブのリングライトも超高級な指輪に見えてくる不思議……。初出演ということを感じさせない存在感で「Do as I say」を歌う際も、常に井上麻里奈さんの一歩後ろに控えている置鮎龍太郎さんの姿は完璧の一言。
続く獄Luckの「STRONGER」は、看守・犬飼憂人の獰猛なバースからはじまります。
荘厳なステージから一気に治安が悪くなった感のある、囚人たちによる攻撃的で自由なステージ。今回のライブは看守役の古川慎さんが不在のため、解き放たれた狂犬たちの自由さが際立っていたのかも?
新チームコーナーのラストを飾るのは、1Nm8の「Break Outta Here」。
真っ白な衣裳に身を包んだ1Nm8が歌うラップは高難度で、白いライトを振りながら思わず聴き入ってしまう場面も。
歌い終えた3人の呼び込みで、新規参戦4チームがステージに勢ぞろい。
⇒次ページ
カレーうどんが食べられない衣裳って?
60 件

この記事のタグ

Comment

2022-06-04

5時半に起きて道に迷ったのは志麻さんではなくて畠中祐さんです…((コソ