2022夏アニメ、何見てる?ライターが選ぶオススメ8選!『東京ミュウミュウ にゅ~♡』『うた☆プリ』特番etc.

掲載/更新 0

シャドーハウス -2nd Season-

原作は、「週刊ヤングジャンプ」に連載中のソウマトウ氏によるマンガ。
2021年4月から放送されたアニメ1期に続く2期。
断崖に佇む大きな館「シャドーハウス」で貴族の真似事をする、顔のない一族「シャドー」。その“顔”としてシャドーに仕える世話係の「生き人形」エミリコ。顔のない主・ケイトと共に「お披露目」を終えたふたりと、同期の3対は成人としての新しい生活を始める。
「シャドーハウス」の謎を解き明かせないまま、子供たちの棟では新たな事件が発生。反乱分子と星つきに怪しまれたケイトとエミリコは、犯人と思われるローブをまとった謎の影の正体を追うことに……。
TVアニメ「シャドーハウス 2nd Season」本PV|2022年7月8日(金)より放送開始!

■オススメポイントはここ!
「重厚なミステリーが魅力の『シャドーハウス』の第2幕。
顔が見えない“シャドー一族”とその屋敷にまつわる秘密を解き明かすストーリーです。7月から既に放送は開始されていますが、毎回“え!?ここで終わるの!?”とハラハラさせられっぱなしです。キャラクターが全員可愛くて魅力的なのはもちろん、ストーリーが非常に上質で最高に楽しめます!」(住岡)
「そこで暮らす顔のない主の“影”とその“顔”役を務める生き人形たち。
ほっこり系アニメのような可愛らしい“顔”をしているが、実は不気味で、不可思議な“影”をを纏っている作品。
第2期では、仮面をつけた“影”たちの素顔が次々と明かされ、いつ誰がフェードアウトしてもおかしくない手に汗握るストーリーが展開。
この仮面舞踏会から姿を消すのは、果たして誰か……」(zash)

組長娘と世話係

「コミックELMO」に連載中のつきや氏によるマンガが原作。
その暴力性から、「桜樹組の悪魔」と極道からも恐れられる、桜樹組若頭・霧島透。ある日、組長に呼び出された霧島は組長の一人娘である、桜樹八重花の世話係を命じられる。人見知りで、なかなか心を開いてくれない八重花にどう接していいものか当惑する霧島。そんな時、八重花が隠していた授業参観のお知らせを見つける。
授業参観の日付は今日――霧島が取った行動とは……?
TVアニメ「組長娘と世話係」PV第2弾

■オススメポイントはここ!
「コワモテ青年が小学生の女の子を世話するシチュエーションがもうおいしいです。
桜樹組の悪魔”と呼ばれるほど恐れられている霧島透ですが、八重花の世話は素人同然。髪をうまく結んであげられずに困るなど、霧島自身もかわいい一面を見せてくれます。それでも荒っぽい現場は八重花に見せないように工夫するなど、気遣いもできる霧島。お互いを思いやる心が伝わり、だんだんと打ち解けていくふたりの姿にほっこりします」(ハシビロコ)

よふかしのうた

原作は「週刊少年サンデー」に連載中のコトヤマ氏によるマンガ。
眠れない中学2年生・夜守コウは、初めて夜に誰にも言わずに外に出た。昼間とは異なる雰囲気の町中を歩いていると、謎の美少女・七草ナズナに声をかけられる。彼女は、夜の住人・吸血鬼。夜とその楽しさを教えてくれるナズナに惹かれていくコウは、自分を吸血鬼にしてほしいと頼み込む。
吸血鬼になる条件は、「人が、吸血鬼に恋をすること」。
恋を知らないコウは、ナズナと恋をして吸血鬼になれるのか――?
TVアニメ『よふかしのうた』本PV

■オススメポイントはここ!
「吸血鬼の少女・七草なずなと、彼女に恋をして吸血鬼になりたい少年・夜守コウによるボーイミーツガールストーリー。
コトヤマ先生によるマンガ『よふかしのうた』が原作の本作ですが、本マンガの元ネタともなる楽曲『よふかしのうた』を手掛けたCreepy Nutsとの主題歌タッグも胸熱! ぜひ楽曲も併せて楽しんで欲しいアニメです」(曽我美なつめ)
「眠れない中学生、夜守コウが夜の街で出会ったのは吸血鬼・七草ナズナ。ふたりのボーイミーツガールから始まる夜の物語は、どう展開していくのかワクワクします。
また、吸血鬼といえば、血を吸った相手を眷属にできるというイメージがありますが、同作は違います。なんでも、血を吸った相手がナズナに恋をしていなければ、眷属にはならないそうです。一方、ナズナに恋をしていないまま血を吸われたコウは、本気で吸血鬼になるべくナズナに恋をしようと奮闘します。
そもそも意図的に“恋”に落ちることはできるのか……今後の展開が気になります」(とみたまゆり)
⇒次ページ
『うた☆プリ』TVスペシャル、『夜は猫といっしょ』etc.の注目ポイントは?
49 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません