連載終了で残念だった漫画といえば?第2位『ハイキュー!!』第3位『鬼灯の冷徹』第1位はやっぱり…!

IMAGE
1位は『鬼滅の刃』でした。

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプで、多くのファンに惜しまれつつ4年3カ月の連載を終えました。
本作は、家族を鬼に殺された炭売りの少年・竈門炭治郎(かまど たんじろう)が、唯一生き残ったものの鬼と化してしまった妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため、鬼狩りの組織「鬼殺隊」に入隊して過酷な戦いを繰り広げる物語。
主人公・炭治郎をはじめ、仲間の我妻善逸や嘴平伊之助など魅力的なキャラクターが多数登場するだけでなく、ストーリー展開も非常にドラマチックで、本誌の発売を毎週楽しみにしていた読者も多いのではないでしょうか。
12月4日に発売された単行本最終23巻の初版発行部数が395万部、1巻からの累計発行部数が1億2,000万部(電子版含む)を超えています。
10月16日に封切られた『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は、日本歴代1位の興行収入に輝きました。主題歌を担当したLiSAさんは、第62回日本レコード大賞を受賞しました。

老若男女問わず人気を博し、社会的現象となった本作が堂々の1位。
いまだ多くの人に愛されていることが証明される結果となりました。

■みんなの声■
「アニメから入って、夢中で漫画を読みました。キャラもいいし、アクションも格好いいし、殺伐とした雰囲気もぐっとくるので大好きです」
「子どもからお年寄りまでみんな同じ作品の話をしてるの、生まれて初めてです。世界中で流行してほしいですね」
「大ヒット中に一番盛り上がったところで完結する、潔いところが最高」
「主人公が優しい。ヒロインが可愛い。サブキャラもみんな素敵。敵の回想で泣いた」
「コロナでめちゃくちゃになった日本に光を与えてくれた作品だと思う。完結してもずっと愛する」

ランキング詳細はこちら!

1位 鬼滅の刃
2位 ハイキュー!!
3位 鬼灯の冷徹
4位 約束のネバーランド
5位 アクタージュ act-age
6位 コウノドリ
7位 五等分の花嫁
8位 逃げるは恥だが役に立つ
9位 七つの大罪
10位 ドメスティックな彼女
23 件
  

この記事のタグ

Comment

2021-02-20

バンデット 偽伝太平記かな

2021-02-20

こち亀じゃないのか

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは