『鋼の錬金術師』の名言に学ぶ、人生に悩んだときの乗り越え方

掲載/更新 0
人々の生活スタイルや価値観は、ここ数年で多様性がどんどん進んできています。
これまでの固定観念を取り払い、働きながら趣味に勤しむ人、家族を大事にしながら自分の夢に挑戦する人も、近年でずいぶん増えましたね。

わがままだとしても両方を手に入れたい。その為に努力する人の背中を、大きく押してくれるのが上記の台詞ともなっています。

【3】兄弟の師匠・イズミに学ぶ…迷った時の指針となる心に響く名台詞

『鋼の錬金術師 完全版』5巻 (スクウェア・エニックス)

『鋼の錬金術師 完全版』5巻 (スクウェア・エニックス)

貴方自身を信じなよ 貴方の魂に恥をかかせない生き方を選べばいいじゃない
(荒川弘『鋼の錬金術師』24巻より引用)

そして最後にご紹介したい名言が、エルリック兄弟の師匠・イズミのこちらの台詞です。
混沌とする人間VSホムンクルスの戦い。その中で多くの兵士が従っていた国の最高指導者が、まさかの敵であることが明らかともなります。

大事な人を守るための戦いが、結果として自分たちの首を絞める行為になる――。戦争の中で、誰が正義か悪か。何も信じられなくなった一般兵士に対し、彼女が放ったのがこの言葉でした。

『鋼の錬金術師』24巻 (スクウェア・エニックス)

『鋼の錬金術師』24巻 (スクウェア・エニックス)

どれだけ人のせいにしても、自分の過ちも後悔も肩代わりしてくれる人は存在しません。自分の人生の責任を取れるのは、誰でもない自分自身だけです。
その中でもこれは自分が決めたことだと胸を張って言えたなら、少なくとも自分が歩んできた道に後悔だけはしないのではないでしょうか。

どれだけ思い悩んでも人生に後悔は付き物。ならばそれをできるだけ減らすように生きる。
それこそが、人生を生きやすくなるヒントのひとつなのかもしれませんね。

生き様をつらぬく力強い言葉が勇気をくれる!

日頃日常を生きる私たちにも勇気をくれる名言が満載の『鋼の錬金術師』。

キャラ一人ひとりが自分の信念を信じ、世の中の不可能や不条理に立ち向かい、その未来を変えていく。
その生き様が今もなお、こうして多くの読者の胸を熱くすることが、長年愛され続ける本作の大きな魅力でもあることでしょう。
(執筆:曽我美なつめ)

■『ジョジョ』の勇気が出る名言6選。歴代主人公の“覚醒”シーンがたまらない…!https://numan.tokyo/anime/7S3FL
■『鬼滅の刃 遊郭編』の名言が刺さる。宇髄と炭治郎、ふたりが抱える後悔と覚悟
https://numan.tokyo/anime/QJtJO
■名作ゲーム『FF6』ケフカが問う哲学的な言葉。いま私たちが生きていく意味とは
https://numan.tokyo/game/zBCrJ

27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません