『半妖の夜叉姫』第26話、りんとの距離感が悲しい…。とわのサングラス姿には「シュール!」「ドラえもんかw」

掲載/更新 0
IMAGE
そのほかにも、盾としてせつなともろはに転がされる竹千代のキュートな面白さや、何度も海蛇女を見そうになってしまうもろはの犬夜叉っぽさに、戦闘中ながら癒された人が多かったよう。

特にもろはは赤子の頃に犬夜叉とかごめと離れいまだ再会できずにいるだけに、彼女から両親の血を感じるシーンには思わず顔が綻んでしまいますよね。

とわ「りんさん」親子の距離感が切ない…!

そして次回予告では、とわがりんのことを「りんさん」とさん付けで呼びました。
これが視聴者の間で切なすぎると話題を呼んでいるのです。

実の母への“さん付け”に感じる壁に「どうしようもない溝を感じて辛い」「親子の取り返しのつかない時間の喪失を実感した」「そうだよね、いきなり母と呼べるはずないよね……」「殺生丸のこと呼び捨てなのはなんとなくわかるけど、りんさん呼びはなんだか泣けた……」と心を痛める声が多数。

育ての父を「草太パパ」と親しみを込めて呼んでいることを考えると、余計に生みの父母である殺生丸への呼び捨てと、りんへのさん付けは親子の間に距離があることを突きつけられているようで胸が締め付けられます。
いつか「お母さん」や「りんママ」と呼ぶ日が来るのを信じて、まずはとわたちがりんを救ってくれるのを待ちましょう……!
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません