『トクサツガガガ』第1話に隠れオタから共感の声「大事なことは特撮が教えてくれた」

第二話からも見逃せない!

「己の生活を守るため、正体を隠すのは悪ではない」……エマージェイソンのセリフは、叶だけでなく、すべての隠れオタを支えてくれる力強いエールだなあと思いました。「隠してるからって、推しへの愛が浅いわけじゃないんだよ~!」という隠れオタの心情を、叶が代弁してくれているような気もします。

また、作中劇である『獅風怒闘 ジュウショウワン』や、『救急機 エマージェイソン』などの特撮キャラの登場シーン、グッズや主題歌などのクオリティの高さ、声優の豪華さもオタクとしては見逃せないポイント。そういう点も含めて「オタクの心情を理解しすぎ」なリアリティが、『トクサツガガガ』の魅力といえるかも。

これからも職場では特オタであることを隠しつつ、同志を見つけオタ活に励んでいくであろう叶。その姿を、イチ「オタク仲間」として見守って行きましょう。
執筆:森本マリ
18 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

2019-01-26信号機

二話の、倉科カナは、10個も年上設定。一番笑えたのは、昭和ノリの、泣きじゃくる、松下由樹さんの、母親役の泣きの演技。一番ツボは、上を向いて、泣くところまで、本来なら、そこまで臭い泣き演技したら、バレるのだが、タイミングが良すぎるぐらいに、涙腺発動なので、娘がドン引きするのも無理はない。しかし、これが、母なる力のなせる必殺技!

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは