アニメ『あんスタ』第5話感想 堕落した学園の過去「糸電話、どうなってるの?」「声届く?」とSNS総ツッコミ!

IMAGE

鬼龍紅郎は宗の幼なじみ!

屋上でひとり歌の練習をするなずなを見かけた鬼龍紅郎(CV:神尾晋一郎さん)。髪型が違ってこれまたカッコいい! この頃は、敬人からの電話も素気なく切ってしまうような間柄のようですね。

声をかけても無言を貫くなずなを、紅郎はうっかり凄んで泣かせてしまいますが(笑)、ここで紅郎の口から宗と幼なじみであること、宗と紅郎に裁縫を教えたのが紅郎の母親であることが明らかになりました。さまざまなキャラの特技や過去が点と線でつながっていく感じにドキドキ。

しかし「きな臭ぇから気をつけろ」となずなに宗への伝言を託しつつも、最後までなずなが無言だったことを紅郎はいぶかしんでいました。紅郎もまた、学院の動きや、Valkyrieの問題に気づきはじめていたようです。

なずなのValkyrieへの思い

なずなが、無言を貫く理由。それはおそらく「Valkyrieで聞く声と違うことに気づかれないため」でしょう。特に、歌声を聴かれた紅郎には警戒をあらわにしていました。

声変わりでかつてのような歌声が出せなくなってしまったなずな。しかし、舞台上では、録音されたなずなの歌が流れ続けているーー。その事実を隠すため、なずなは、ほかの誰にも「いまの声」を聞かれるわけにはいかないのです。宗とみかの前でさえ声を発しないことも、なずなの強い意志のあらわれのように思えます。

しかし、なずなが歌えなければ、Valkyrieは新曲が出せないーーひそかに屋上で歌う練習を続けるなずな。自分の歌が宗に認められることでValkyrieは進化できる、みかにも活躍の場が与えられるはずだと信じ、変わるための努力を続けていました。なずなもまた、Valkyrieを愛しているのです。
35 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは