ヒプノシスマイク4th LIVE@オオサカ直前チェック! ドラマトラックをおさらい解説「Enter the Hypnosis Microphone」

IMAGE

2.「Somebody Gotta Do It」ヨコハマの”お掃除”に乗り出す3人

「Somebody Gotta Do It」は、ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREWの、碧棺左馬刻、入間銃兎、毒島メイソン理鶯の3人のストーリーです。

■あらすじ
若者のあいだに蔓延る違法薬物“グラスホッパー”の取引現場に急行する警官の銃兎。
同じ時期、ヤクザの左馬刻は、火貂組長・火貂退紅(かてん たいこう/CV:小形満)から、組ではご法度の薬物取引が横行している件で呼び出されます。
2人は元軍人の理鶯に協力を要請して、ヨコハマの“お掃除”に乗り出しますが、その裏には……?


銃兎が薬物を許せない理由、左馬刻と組長との関係、レアなグロ食材を嬉しそうに調理する理鶯、その嬉々とした様子にほだされて、食事から逃げ出すことを諦めそうな左馬刻と銃兎など、オトナな関係ながらもどこか可愛らしさを残すヨコハマの3人が描かれます。

▲Drama Track「Somebody Gotta Do It」/ヨコハマ・ディビジョン MAD TRIGGER CREWの試聴が可能です。(YouTube公式ページ「Channelヒプノシスマイク」より)

 

36 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは