ドラマ『おじカワ』の名言はオタクの心に刺さった…「好きって複雑だから」名セリフ5選!

掲載/更新 0

「推しカラー……。なんというライフハックなんだ」

同じく第4話から。真純くんに「カワイイものが大好き」ということを隠している小路さんですが、アイドルに夢中な部下たちから教えてもらった「推しカラー」からヒントを得て、気分転換と称し、日常生活の中に、パグ太郎のカラーリングを取り入れだします。
小路さんは、「推しなくして推しを感じられる」と大興奮。

わかる……、わかるよその気持ち! 
担当カラーや推しっぽいものって、推しそのものでなくても、近くに感じるだけでテンション上がりますよね。

「簡単に消せないのが”好き”なのかなって」

鳴門さんは猫、真純くんは少女漫画家の夢……と、2人の間に友情が芽生え、お互いの「好き」を打ち明けあった第4話のシーンです。

好きなものに嫌われることは切ないからやめたほうがいいのではないか…と悩んでいた鳴門さんに、真純くんは、全部の想いが届くわけではなけれど、その「好き」を大事にして欲しいと話します。
そして、自分は少女漫画が好きで、少女漫画家を目指していることを打ち明けます。「消せない好きじゃどうしようもない」と、応援すると後押しした鳴門さん。お互いがお互いを否定せず、背中を押しあう素敵な2人。

「好き」っていう感情は理性で消えてくれるものではありませんよね。諦めてしまうよりは好きでいてもいいと思わせてくれる言葉でした。

「パラダイス越えて、これはもう極楽浄土」

「推しが可愛いくて幸せ」「臨界突破してる」「パラダイス越えてこれはもう極楽浄土」

小路さんが溺愛する推しキャラ・パグ太郎と初対面を果たした時にこぼした言葉です。
「パグ太郎ドリームショー2020」にて念願のパグ太郎(着ぐるみ)に会うことができた小路さん。ケンタに2ショット撮影をしてもらったりと大喜びでした。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません