中村悠一ボイスを振り返り!多彩な演技を堪能できるキャラ5選『うたプリ』『ガンダム』etc.

掲載/更新 0
『機動戦士ガンダム00』が放送される直前まで、中村さんが演じていたのが高校球児。

2007年4月から放送された野球アニメ『おおきく振りかぶって』ではキャッチャーの阿部隆也を熱演。弱気なピッチャー・三橋にイラつきながらも、最高のバッテリーになるため歩み寄っていきます。

2010年に放送された続編『おおきく振りかぶって~夏の大会編~』では、三橋との意思疎通がうまくいき喜ぶ、ほほえましい一面も見せました。

声は高校生らしい少し高めのトーン。改めて聞くと「こんなに高い声を出していたのか!」と驚く場面もあるでしょう。
試合を分析する立場のため、セリフ量が多いのもファンには嬉しいポイントです。

こんなお父さんが欲しくなる! 『甘々と稲妻』犬塚公平

甘々と稲妻 プロモーションムービー ロングバージョン
2010年代に入ってからは役の幅をさらに広げ、子持ちのお父さん役でも魅力を発揮する中村さん。

誰かと食卓をともにする幸せを描いた『甘々と稲妻』では、愛娘においしいご飯を食べさせようと努力するお父さん・犬塚公平を担当しました。

普段は高校教師として働く公平。基本的には柔らかな物腰で、娘をうまく叱れず悩んだり、お嫁に行ってしまう娘を想像して落ち込んだりと、父親からの共感が集まりそうなキャラクターでした。

演技はナチュラルで、優し気な声色が魅力的。娘の大好きな魔法少女ものアニメの主題歌を口ずさむ貴重なシーンもありますよ!
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません