アニメ『あんスタ』第7話感想 突然の解散通告…あの人の”無限投げキッス”が不意打ちすぎた

今週からエンディングが紅月の『月下無双、紅の舞』に。和を重んじる紅月の華やかさは活かされつつも、アップテンポで力強く、紅月が貫く信条を感じさせてくれる曲でしたね!  描き下ろしのイラストもとても素敵でした。第7話まで紅月のメンバーは全話皆勤賞、彼らがこれからどう動くのかにも注目したいです。

第8話は「亀裂」

年末に開催されるSSは、プロ・アマ問わずこの国で1番のアイドルを決める最大のドリフェス。それに向け、学院代表としてのSS出場権をかけた“DDD”を開催すると英智は宣言し、もちろんfineも出場するとしつつも「情熱のすべてをかけて挑んでほしい」と呼びかけます。

2週間後に迫ったDDDへ向けて意気込むスバルですが、英智の策略とfineの実力を目にした北斗はもう、生徒会と戦う意志を――fineに挑む気力を、くじかれていました。

生徒会長と話し合うと言って立ち去る背中に「北斗!」と強く呼びかけるスバル。「初めてきちんと名前で呼ばれるのが、こんな局面だとはな」とうなだれる北斗、そこに居合わせてしまうあんず。Trickstarはどうなってしまうのでしょう。

……また、余談ですが、放送終了後の”提供”画面では日々樹渉の投げキッスがループで数秒間放送され、視聴者からは「待って。最後のひびわた、なんなのww」「無限投げキッスってお前ww」「エンドレスするな」と注目を集めていました(笑)。
シリアスな展開で終了した第7話、彼につらい気分を救われた人は多かったかもしれません。

第8話「亀裂」は8月23日放送です。

執筆:森本マリ

⇒次ページより、第7話登場キャラクターを紹介!

第7話 登場キャラクター紹介

31 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは