アニメ『あんスタ』第9話感想 成長に“ラビおじ”大量発生!「かわいいんじゃ~~」とSNS感無量…対決の行方は?

IMAGE

真の決意・泉の真意

おそろしく不穏なタコさんウインナー……衝撃の監禁シーンです。「あ~ん」する泉の気持ち悪さ(笑)もさることながら、その真意が気になりますよね。

「一緒にグラビアやろう」という言葉から察するに、泉は真を“Knightsの一員にしたい”わけではなく、“モデルに戻したい”あるいは、アイドルをさせたくないようですが……。

それでも真は屈しませんでした。泉が出ていったあと、彼がしかけた盗聴器を逆手にとって鍵を開けさせます。
モデルとして挫折を経験し、自分に自信がなく、Trickstarの中でも弱気だった真。その真が「僕はもう何にもできないお人形なんかじゃない……!」と思い切った行動に出たのも、すべてTrickstarへの思いがあったからこそ。彼が本来持っている心の強さを見たような気がしました。

一方、だまされた泉が本気で真を心配している姿を見ると、彼は真が憎いわけでも見下しているわけでもなく、本心から大事に思っているものでしょう。その表現は歪んでいるものの、泉にも、そうまでして真を引き留めたかった理由があるのかもしれません。

Knights vs Trickstar

Knightsと対峙し、真が監禁されていたと知るや、真緒はその話を利用して観客を扇動します。これまで「生徒会とTrickstarの二足わらじ」の姿が印象強く、すごく周りをよく見ているけれど、その分どちらかに肩入れもできない、振り切れないキャラのように描かれていた真緒。

そんな彼が、スバルさえ驚くほどの大胆な作戦に出て、「俺たちが全員そろえばTrickstarは無敵だ!俺たちが夢ノ咲学院を変える!」と啖呵を切ったことに感動してしまいました。これが本当の真緒の姿だったんだなあ……と。意気込む3人から感じる高揚感もたまりません。

一方のKnightsは、真緒の告発で完全に動揺。鳴上嵐(CV:北村諒さん)は冷静に受け流そうとしますが、朱桜司(CV:土田玲央さん)は観客以上に素直に真緒の言葉を信じ、泉を糾弾しはじめます。朔間凛月(CV:山下大輝さん)はというと、兄の零同様、昼間の日差しが苦手なようで「気持ち悪~い、日陰入りた~い」と気力ゼロ。

前回もバラバラの印象が強かったKnightsですが、今回は真緒の揺さぶりもあってさらに結束力のなさが浮き彫りに……。残念ながらライブシーンはありませんでしたが、今後描かれるであろう「Knightsの実力」の描写を楽しみに待ちたいです。
31 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは