『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨と十二鬼月 キャラクター解説③ │その過去や能力、SNSでの声は?

IMAGE
■性格・過去
幼少期から花街の最下層で支えあって生きてきたため、二人の絆は非常に強い。

【堕姫】普段は高慢で恐ろしいが、戦闘でピンチになると泣いて兄を呼び、無惨の前では恋する少女のようになる。
【妓夫太郎】皆が忌み嫌う自分の容姿を生かし、取り立て屋として働いていた。堕姫を守ることが生きがいだったため、鬼になってからも甘やかしている。

■能力
【堕姫】着物の帯を武器として使ったり、人を閉じ込める。その頚も帯のように柔らかく、斬るのはほぼ不可能。
【妓夫太郎】自身の血を鎌にした斬撃や、毒の攻撃を使用。忍の経験がある宇髄天元すら瀕死に追い込んだ。

兄妹同じタイミングで頚を落とさないと倒せないところも、二人の絆の表れ。
炭治郎は二人に自分と禰豆子を重ねたようで、戦いが思い通りにいかず二人が罵りあった時は「この世でたった二人の兄妹なんだから」と諭した。

獪岳(かいがく)/善逸の兄弟子であり仇

獪岳(かいがく)
CV.細谷佳正(※善逸の兄弟子として登場)

「久しぶりだなァ 善逸」
「テメェと俺を一緒にすんじゃねえぇ!」

堕姫妓夫太郎に替わって入った上弦の陸。
かつては善逸の兄弟子で鬼殺隊士だったが、ある上弦の鬼と出会って鬼になった。
無惨との戦闘で皆が混乱する中、再び善逸の前に現れ交戦する。
57 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは