バレたくない!オタクをどう隠してる? 暗号はコミケ=海に行く、遺言まで!?【#オタ女世論調査】

掲載/更新 0
IMAGE
家は自分の趣味を全開にできる場所…と思いきや、自分がオタクであることを隠している友達などが来ることを考えると、そうはいきませんよね。特に「本棚」については、それぞれ工夫を凝らしている様子です。

「結婚してからお客様がくる機会も増えたので、リビングには本棚を置かないようにしています。ですが…ある日、ママ友のおむつ替えのために貸した部屋にうっかり大量のBL本が! なんと彼女も同志だったことが発覚したので、結果よかったです(笑)」(35歳・プログラマー)

「バレてもセーフな範囲の作品を二重棚の背後にあえて入れておき、望ましくないのは机の鍵のかかる引き出しに。さらに全て同じカラーのブックカバーにして同じ作品にみせかけ、別の作品を混ぜていました。不思議なことに、自分では見分けつくんです」(32歳・ゲーム会社勤務)

「おしゃれなスカーフを用意しておき、友達が来たら本棚を一気に隠せるようにしています。アクスタなどは、避難専用のカゴを用意しています」(28歳・会社員)
逆に“見せることで疑われない”という高度なテクニックを使っている人も!

「壁に飾ってある絵は隠さず、“唯一好きなゲームの作品の絵なんだよねー”と、あくまでそれが好きなだけでオタクではない……という風に言います。他は全く興味がないと言い張り、悟られないようにしています」(23歳・会社員)

バレそうになったら、言い変えで回避!

日常生活の中で、滲み出てしまうオタクな生活。うっかり発言してしまった時、どうしているのでしょう?

「夏コミに一般参加した翌日、同窓会で日焼けを突っ込まれ……。コミケ焼けとは言えないので"海のほうにちょっと"と陽キャっぽくしてました」(35歳・編集者)

また、オタ活を続けていると深くなってしまう作品絡みの知識。それで怪しまれることは“あるある”なようです。

「歴史系のゲームが好きな私は"日本史オタクです"と言ってました。『刀剣乱舞』がきっかけで細川忠興に詳しくなっちゃったのですが、史実では危険なエピソードがある人物なので(笑)。ほかも織田信長が好き、伊達政宗が好き、新選組が好き…などで誤魔化していました」(30歳・ライター)
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません