『ONE PIECE』あのモブキャラに“影のラスボス説”浮上!…ってホント?

結果的にヒグマは“近海の主”の襲撃により、大破する小舟もろとも姿を消すことに。初登場時の様子とは裏腹に後半は小物感が漂い、第1話のみで退場する悪役キャラの印象を与えていました。

ところが第1話では描かれなかったシャンクスの実力が明らかになるにつれ、「煙幕で隠れたとはいえ、あのシャンクスを相手にルフィ抱えて逃げるのすごくない?」「モブキャラと思ってたけど実はヒグマさん結構な実力者では」といった声が寄せられるようになります。

ヒグマさんに“海軍大将”説まで浮上!

またヒグマが語った「56人殺し」についても注目を集め、「“四皇”の1人であるシャンクスのような奴を56人殺したってことは、56皇殺しってことでしょ。ヤバいわ」という反応が。

他にも「ヒグマの額の傷ってカイドウの傷と同じ形だよね。光月おでんと戦って生き残った証拠なんだよ」「海軍大将の『緋熊』説を唱えたい」「ラスボスとしてヒグマさん再登場する可能性あるで」などと、もはやネタ的に扱われている節も見られました。
10 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは