最終回直前『ハイキュー!!』に鳥肌が止まらない…!心を揺さぶる2つのポイントは?

特に"鳥肌が立った"といわれているのが、アドラーズVSブラックジャッカル戦に決着がついた第401話での、日向と影山のやり取り。
「来たな」「来たぜ」という二人の会話にグッときた、という人が多いよう。

「影山はずっと日向を信じて待ってたってわかる。ここに『ハイキュー!!』の全てが詰まってる」
「卒業式の「またな」の約束が果たされたんだ…!って思うと熱い」
また、「昔から今、先輩から後輩、トスからスパイク……全部が“繋ぐ”というテーマで一貫してる」という声や、数年ごしの伏線を回収​したことへの驚きなど、古館先生のストーリー構成力に感心しているファンも多いようです。

試合描写と演出が神がかってる…

ファンの心を揺さぶっているのは、キャラクターだけではありません。

画力やコマの演出、試合シーンはまるで実写映像を見ているような迫力で描かれ、一部では「スポーツ漫画界の鳥山明」とも呼ばれている古館先生の表現力。
13 件

この記事のタグ

Comment

2020-07-18よっコチン

私も遥か昔、中高でバレーボールやってました。ママさんバレーも20年楽しみました🎵バレーの技術はもちろん感動は、それぞれの素敵なキャラクター。特に3年生のキャプテン達3人‼️
それぞれ試合中の思い。何度泣けたことか❗全国が決まった瞬間の顔。
たまりませんでした❗
お疲れ様です😆🎵🎵

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは