『鬼滅の刃』最終回に賛成派と否定派があふれる。もっとも多かった声は…

IMAGE
第205話・最終回のタイトルは「幾星霜を煌めく命」。
第204話での予告通り現代の東京が舞台となり、炭治郎たちの子孫や生まれ変わりの姿が描かれています。
驚きの結末にSNSは大騒動。賛否両論の意見がみられました。

賛成派はこれまでの戦いが過酷だっただけに、「みんなが幸せに暮らしていて本当によかった……!」「最後の1ページまで幸せにな気持ちになれました。みんなの笑顔がまぶしい!」と平和な終わり方にほっとした人が多かったよう。

また、「伊之助の未来が意外だったけど、もしも山で育ってなかったらこうなってたのかな?」など、今回登場した子孫たちの言葉から、炭治郎や善逸があの後どのような余生を送ったのか、を想像して楽しんでいる様子です。
一方、これまでから一変した展開に否定的な意見も。

「突然、未来になっちゃって残念。もっと余韻に浸りたかった…」「こういう話はコミックスのおまけマンガで読みたかったな」など、最終回前の204話があまりに綺麗な幕引きだっただけに戸惑ってしまったという声が見られました。
15 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは