ド迫力…!『ONE PIECE』100巻記念展示に行ってきた。エモい仕掛けもファン必見【写真多数レポート】

掲載/更新 0

「100巻立ち読み図書館」年表やフィギュア展示も

「超巨“大海賊百景”」をたっぷり楽しんだら、次はアトレ竹芝の館内へ。入り口すぐの場所で、「100巻立ち読み図書館」が開催されています。

その名の通り、ここでは『ONE PIECE』100巻の立ち読みが可能。1巻から100巻まで各10冊ずつ用意されています。好きなシーンがある巻や思い出深い巻を一人読み耽るもよし、一緒に来た友人や家族と思い出を語るもよしです。
ずらりと100巻が並ぶ本棚の後ろには、連載を開始した1997年から、1000話突破・100巻突破の偉業を成し遂げた2021年まで、『ONE PIECE』が歩んできた歴史を記した「立ち読み年表」のパネルが展示されています。

その年々に登場した主要キャラクターや、当時の名シーン、劇場版が公開したなどの出来事が記載されており、これも見入ってしまいます。イラストも大きく、とても見応えのある展示となっています。
さらに、ここでは全20体のONE PIECE』フィギュアの特別展示も開催中。

「WT100記念 尾田栄一郎書き下ろし 大海賊百景」限定フィギュアをはじめ、新作フィギュアをじっくりと鑑賞することが可能です。
大スケールの展示、コミックス、フィギュアと『ONE PIECE』の魅力をたっぷり楽しめる「超巨“大海賊百景”」と「100巻立ち読み図書館」。記念すべき100巻分の歴史をぜひ、リアルタイムで噛み締めてください。

フォトギャラリー

43 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません