『ハイキュー!!』終章、5年越しの伏線をみごと回収!「五輪編」発言も伏線の可能性が…?

“ある伏線”とは、2014年6月発売の単行本11巻での一幕。及川の後輩・金田一勇太郎「及川さんのあの話ってホントかな?」という発言です。この時点では“あの話”の内容は一切語られていませんでしたが、372話で“及川さんのあの話=海外への挑戦”だったことが明らかに。
じつに5年越しの伏線回収には、ファンからも「及川さんの“あの話”が、ここで繋がってくるの!?」「5年前の時点で、一体どれだけの構想が練られていたんだ? 古舘先生、やっぱ凄いわ」「感動して手が震えた」と絶賛の声が続出しました。
ちなみに過去には、古舘春一さんが巻末の作者コメントで“7年後に五輪編をやる”と発言したことが。

このときは「(仮)」と冗談交じりで記述されていましたが、370話では2016年開催のリオ五輪の描写がチラッと描かれています。
10 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは