舞台もののふシリーズ最終章『駆けはやぶさ ひと大和』ゲネプロレポート!|花村想太初の単独主演舞台 新撰組隊士たちの絆・友情・信念に圧倒される怒涛の3時間

そして激動の時代の中、新撰組の一人として戊辰戦争最後の地、函館を戦い抜いた中島登
最初の頃の及び腰の態度が嘘のように、逃げることをやめ、自らの意思で新撰組として生きることを決断する登。

“剣はたたないが筆はたつ”登は、ともに戦った新撰組の仲間たちを絵姿に留めることで、彼らの”誠”、新撰組の男たちの生き様を後世に届けることになるのです。

26 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは