舞台もののふシリーズ最終章『駆けはやぶさ ひと大和』ゲネプロレポート!|花村想太初の単独主演舞台 新撰組隊士たちの絆・友情・信念に圧倒される怒涛の3時間

夢を語りあえる仲間との絆~大切なものがあるから戦える

作・演出の西田大輔さんが「一作目では憧れの対象として描いていた新撰組を、今回は憧れの対象だけでない、生身の仲間たちを描きたかった」と語っているように、今回の舞台では、新撰組の仲間たちの絆が強く描かれています。
激動の時代を駆け抜け、成長していく彼ら。本作で描かれる等身大の隊士達の姿は、その悲劇的な結末も相まって、もはや涙なしには見られません。

まとめ

26 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは