高橋健介&spiの新衣装にツッコミ!? 唐橋充のロゴ制作秘話も『サクセス荘3&mini』ふりかえり上映会レポート【前編】

掲載/更新 0
続く「ふりかえり上映会」コーナーでは、『サクセス荘3』の最終回「全員集合でサクセス!」がキャストのコメンタリー付きでの上映に。

サクセス荘の住人が次々にリビングへと顔を出し、変わらぬ日常を過ごしていると……ドーバー海峡の横断に挑んでいたサー(荒牧慶彦さん)が、サクセス荘に帰ってきた! というこのエピソード。
3期では初登場となったサーを演じる荒牧さんの姿を、「ほら、楽しんじゃってる!(笑)」「サーが一番嬉しそうだもん」と見つめるキャストたち。見終わった後には、口を揃えて「やりきったね!」「最終回が、一番演劇っぽさがあった」と振り返りつつも、髙木さんからは「何より、サーが帰ってきてくれて嬉しかった」と笑顔がこぼれます。
そんな仲間たちの再会を、荒牧さんとは『サクセス荘』初共演となった3期キャストの唐橋さんは、「皆さんが“ゴーちゃん(和田雅成さん)も喜んでる”っておっしゃっていて。それは今までの積み重ねで、“ゴーちゃん”と、“サー+ゴーちゃん”の違いを読み取っているんだろうなって。でも僕には、その違いが明確には分からず……これは嬉しくも、悔しくも、という気持ちでした」と、その絆を羨ましくも見つめていたと明かします。

高橋さん、寺山さんも「この日は楽屋から様子が違った」「ゴーちゃんも、ツッコミたがってた感じがあった(笑)」と、“ボケのサー”&“ツッコミのゴーちゃん”という黄金コンビの様子を振り返ってコメント。
一方で、有澤さんは「サーもボケる相手を選んでいて、アンテナには絶対ボケてこない! ツッコミとしては、僕はまだ信用されてないみたい(笑)」と話し、周囲を笑わせてくれました。

バラエティ班の活躍も!? 秘話続出の「実録!サクセス荘3」

続いては、寺山さんが進行するトークコーナー「実録!サクセス荘3」へ! ここではトークテーマに沿って、様々な裏話やキャストたちの知られざる姿が明かされていきます。

その最初のテーマは、「バラエティ班は楽屋でもぬかりありません!」。
過去のイベントでも盛り上げ役として活躍してきた、高橋さん・髙木さん・寺山さんによる通称“バラエティ班”ですが、ここで寺山さんから「僕ら以外の皆さんは、ちゃんとメイキングカメラが回っているときに、撮れ高を意識していますか?」との問いかけが。

これにspiさん&小西さんは「意識はするけど、何をやったらいいのか分からない」ということで、「僕らのVTRを見て、勉強してください!」と自らハードルを上げた寺山さんによって、バラエティ班によるお手本のメイキングVTRが公開されます!

するとVTRでは、楽屋入りで廊下のエレベーターを降りた瞬間から、待ち構えていたメイキングカメラとの攻防を見せる髙木さん。サクセス荘の“柱”は楽屋でもさすがのネタを発揮。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません