笑いもクズさもパワーアップ!高崎翔太ら出演|喜劇『おそ松さん』ゲネプロレポート

タイトルに“喜劇”と銘打つだけあって、最初から最後まで、物語の本筋でも本筋から外れたところでも、ネタを詰めに詰め込んででお話は進行していきます。
6つ子たちの父・松造(佐久間祐人さん)と母・松代(ザンヨウコさん)による離婚宣言により事態は大きく動くことに。

お金を入れてくれる父と家事をしてくれる母は、6つ子たちがニート生活を送る上で必要不可欠! 2人が離婚してしまうと働かなくてはいけなくなるとクズな6つ子たちは「やばい!」と危機感を募らせることになります。

佐久間祐人さん(松造役)とザンヨウコさん(松代役)

そもそも離婚の原因は、松造の男らしくない言動に松代がキレたこと。さすが6つ子の父親と思わせる納得のダメ親父ぶりを見せる松造は、しまいには酒を飲んで酔っぱらったあげくに一升瓶を振り回しての大立ち回り!

皆が集まる居間は修羅場……のようなダンスフィーバータイム! キャスト陣はスローモーション風に跳ねたりバク転したりとフリーダムに大暴れする収集のつかない状況に。そして、最後にはおそ松が父の持つ一升瓶に頭を勝ち割られてしまい……!?  
33 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは