『鎧武』を完全リスペクト!舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- 公演レポート

終始感じる『鎧武』リスペクト

すでに説明したように、ストーリーのそこかしこで『仮面ライダー鎧武』を思い起こさせる描写が散りばめられている今作。

アイムは、あくまでも「仲間を守るために戦う」という信念を持ち、戦いに挑みますが、それはまさに葛葉紘汰が掲げていた希望と同じ。
また、グラシャは、「自分の強さを証明し、頂点に立つために戦う」という、まさに駆紋戒斗と同じく、何者にも屈しない強さを見せつけます。

衣裳、キャラクターの性格、関係性、言動などから感じる『鎧武』への愛。
キャスト、スタッフの皆さんが『仮面ライダー鎧武』をリスペクトしてくれているからこその、この舞台『仮面ライダー斬月』なのだと感じることができました。
24 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは