『鎧武』を完全リスペクト!舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- 公演レポート

■公演期間・劇場
【東京】2019年3月9日(土)~3月24日(日)日本青年館ホール
【京都】2019年3月28日(木)~3月31日(日)京都劇場

■出演
久保田悠来

萩谷慧悟
原嶋元久
小沼翔太
宇野結也
後藤大
増子敦貴
千田京平
高橋奎仁
田淵累生

丘山晴己

大高洋夫



■原作
石ノ森章太郎
※「ノ」は、1/4角の下揃え

■脚本・演出
毛利亘宏(少年社中)

■シリーズ原案・監修
虚淵 玄(ニトロプラス)

■脚本協力
鋼屋ジン(ニトロプラス)

■主催
東映 ニトロプラス ネルケプランニング

■公演情報
https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/

■公式Twitter
https://twitter.com/stage_zangetsu
■あらすじ

進む貧困と止まない紛争によって衰退の一途を辿ることとなったトルキア共和国。かつてそこは巨大企業ユグドラシル・コーポレーションによるプロジェクト・アークの実験場となっていた。すでに役目を終えたはずのその地で異変が起きているとの情報を得た呉島貴虎は、約8年ぶりにトルキア共和国に足を踏み入れるが、予期せぬ襲撃を受け、巨大な穴の底に広がる地下世界・アンダーグラウンドシティに落下してしまう。

トルキア共和国で最も危険な場所、アンダーグラウンドシティ。多くの少年、青年が生き残るための殺し合いが行われていた。そして、そこでは戦極ドライバーにロックシードを装着し、アーマードライダーに変身した者たちもいた。血の流れる殺し合いの場にボロボロの姿で倒れこんだ貴虎は、落下の衝撃で記憶喪失となり、自分の名前すら思い出せない状態になっていた。チーム“オレンジ・ライド”のリーダー、アイムによって助けられる貴虎。そんな中、突如現れる見知らぬアーマードライダー。その驚異的なパワーにざわつくアイムたち。貴虎は朦朧とする記憶の中で、そのアーマードライダーが「斬月」であることを思い出していた。

アイムたちに協力を仰ぎ、失った記憶を取り戻す手掛かりであるアーマードライダー斬月をおびき出す計画を立てる貴虎。だが同じ頃、貴虎の行動や抗争の様子を街中に仕掛けたカメラで監視し続ける男がいた。その男は、ある理由から貴虎に復讐を遂げようとしていた…。


©石森プロ・東映 ©舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会
24 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは