『龍よ、狼と踊れ』赤澤遼太郎さん、鎌苅健太さん、横田龍儀さん、松崎史也さんインタビュー

――(笑)。稽古場の雰囲気はいかがでしょうか?

赤澤 谷口賢志さんの存在が大きいなって。すごくいい意味で緊張感が持てるし、鬼の土方なので、下手なことはできないな、ちゃんと集中しないとな、って思います。

松崎 1作目を経て、ハジメと土方がまた特別な関係にあるので、芝居をする時に常に向き合わなければならない存在になってますね。

横田 僕は最初、鎌苅さんは怖い人なのかなって思ってた(笑)。

鎌苅 思って「た」だよね(笑)?

横田 雰囲気が! 実はいろいろな舞台を見ていて、この人の芝居はすごいひきつけられるな、って勉強していたんです。それで、今回初共演できることになって、実際みたらやっぱりすごくて。いろいろ取り入れたいなと思っていて、教えてもらっています。

鎌苅 稽古現場はまだ全員揃っていないので、見えないところがありますね。俺が年上というのもあるし、長州勢の平均年齢は若いので、チームワークを出して新撰組の結束に勝てるようにしていきたいなと思っています。

――では松崎さんに、演出家としての公演の見どころをお願いします。

松崎 演出の際には、ストーリーの段階を経て、ここは引いてここは押して、という演出のやり方のほうが見やすいんです。けれど、”劇場にいる間中、全部が見どころ”という作品もいいなと思っていて、見終わったあとにどっと疲れるくらい、ずっと見どころな芝居をたまには作りたいって思ってしまうことがあります。この舞台は、企画の段階から関わっているので、それができるキャスティングだし、ずっと目を離せない役者たちが舞台に出続けるので、”ずっと見どころ”になります。
アクションはもちろん見どころのひとつですが、見ていてずっとワクワクしていられるので、どの陣営にも勝ってほしいと思うだろうし、誰の視点から観ても面白いものを作っているつもりです。

――最後に、公演にかける意気込みと、観に来てくださるお客様に向けて一言お願いします。

横田 今までにない役どころを演じさせていただくので、苦戦しているんですけど、観ていただいたお客様に、「本当にこの稔麿役が僕で良かった」と思わせるような、僕にしかできない吉田稔麿を作り上げていきたいと思います。 僕自身が脚本を読んだ時にめちゃくちゃ面白いと思って、歴史を調べたら調べるほど、この脚本がどんどん面白くなっていったので、幕末のことをちょっとでも調べて知っていれば、さらに面白くなると思いますので、観て楽しんでいただけたらなと思います。

鎌苅 みんないろいろあって精一杯生きていく今の世の中で、この男たちの物語が、ちょっとでもなにかの活力になればいいなと、一生懸命演じたいと思います。

赤澤 普段僕が演じさせていただいく役は、原作ありきの2.5次元舞台が多いんですけど、今回は2.5次元のファンの方も、この公演にいらっしゃると思います。なので、原作がないお芝居も面白いんだなと、これをきっかけに舞台を好きになってもらえたらいいなと思います。
2作目なので、1作めを観ていないからと敬遠しているお客様もいると思うんですけど、いま1作目を無料放送しているので、不安な方はそちらを観ていただき、劇場に来ていただけたらなと思います。どうぞよろしくお願いします。がんばります!

松崎 この3人の役は、シンプルにすっごくいいので、この3人のことを好きな人は、絶対面白いと思います(笑)。3人の演劇の歴史にとって大事な作品になるように作るので、少しでも気にかけていらっしゃるなら、ぜひ観に来ていただきたいなと思います。

 

まとめ

以上、赤澤遼太郎さん、鎌苅健太さん、横田龍儀さん、松崎史也さんによる、『龍よ、狼と踊れ Dragon,Dance with Wolves ~草莽の死士~』スペシャルインタビューをお届けしました。
また、この舞台の稽古の様子は、360Channel(サンロクマルチャンネル)にて配信中です!
実際の稽古や休憩中の俳優のみなさんの様子をVRでご覧いただけます。
→コチラ

 
19 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは