『イケメン戦国 THE STAGE~織田信長編~』情熱ルート|ゲネプロレポート――500年の時を越える大恋愛の結末は

掲載/更新 0

独眼竜・伊達政宗(米原幸佑さん)は二刀流での殺陣も注目ポイント。快楽主義者な政宗はいつでも余裕たっぷりで、信長に負けず劣らず舞に積極的に迫ってきます。
本能寺の騒ぎを聞きつけて三河から駆けつけた徳川家康(杉山真宏さん)はか弱そうな舞を初めは足手まといに思っているようですが、彼との関係性も物語の中で変化していきます。軽い身のこなし、ダイナミックな殺陣に驚かされます。

今回は『織田信長編』ということで、どの武将も舞との信頼関係は築きつつ、信長様と舞の恋の行方を見守る……というスタンスで動いているのがとても微笑ましい織田軍でした。

 

“越後の龍”の軍に“海道一の弓取り”も――運命を左右する上杉軍の面々

『イケメン戦国 THE STAGE~織田信長編~』情熱ルートゲネプロレポート numan(ヌーマン)

織田信長役:小笠原健さん、上杉謙信役:橘龍丸さん。

本能寺の首謀者を調べる織田軍の耳に「越後の龍が生きており、甲斐の虎を懐に隠している」という情報が入ります。
“越後の龍”こと上杉謙信(橘龍丸さん)、目で追うのが困難なほどの激しい太刀筋は鳥肌ものです。信長に勝利することに執着する彼は、情熱ルートでも最後の最後まで信長と舞の運命を翻弄します。

 
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません