山田ジェームス武&宮城紘大 舞台「メサイア トワイライト ―黄昏の荒野―」開幕レポート!

今作の主人公となるのは、北方連合の国家実験場として外界からは隔絶された、閉鎖都市「オデッサ65」で生まれ育った男・サリュート(山田ジェームス武さん)。

北方連合対諜報戦訓練校「ボスホート」に属するエリート訓練生となったサリュートは、これまでの物語で行動を共にしてきたスーク(宮城紘大さん)、そして今作より登場する新キャラクター・ガラ(輝馬さん)とともに、「ボスホート」における卒業ミッションである「ビーツの祝祭」へと臨みます。

 舞台「メサイア トワイライト ―黄昏の荒野―」1

スーク(宮城紘大さん)、サリュート(山田ジェームス武さん)

これまでのサクラ候補生たちが個々に挑んできた卒業ミッションとは異なり、「ボスホート」での卒業ミッションは、それぞれが北方連合の利益となることを考えて行い、その成果を訓練生で競い合うというもの。サリュート、スーク、ガラはそれぞれの思惑を持って行動を開始しますが、スークには加えてある指令が下ることに……。
北方連合の政策によって辛い生活を強いられながらも、なぜ北方連合に尽くして戦う道を選んだのかなど、多くの謎を背負うサリュート。

これまで2年間に渡ってサリュートを演じ続けてきた山田さんの強いまなざしは、サリュートが今作でみせる覚悟を象徴するよう。より磨かれたアクションも満載に、「ボスホート」でもエリートと称されるだけの力を発揮していきます。
32 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは