舞台『ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018』苗木誠役、西銘駿さんインタビュー

IMAGE
――『ダンガンロンパ』シリーズの舞台化第3弾となる『ダンガンロンパ 3 THE STAGE 2018 ~The End of 希望ヶ峰学園〜』で主人公・苗木誠を演じる西銘さん。ゲームのほうは以前からやっていたそうですね。
西銘駿(以下、西銘)はい。この作品に出演することになったからではなくて、中学3年ぐらいの時に『ダンガンロンパ』のゲームはやっていました。ゲームをやっている時から苗木が好きだったんですよね。
だから出演が決まったと聞いた時には運命を感じました。大好きだった作品に出ることができるうれしさでいっぱいで、ホント、ガッツポーズでした。

――心のガッツポーズ。

西銘 いや、実際にガッツポーズしました(笑)

――現段階でどんな舞台になりそうだな、と予想していますか?

西銘 僕自身、まだどうなるんだろうとわからない部分が大きいんですが、期待感は膨らんでます。今回描かれるのは『未来編』だけじゃなく『絶望篇』も踏まえた内容になるので、ものすごいボリュームになってくると思うんですよね。これをどう伝えていくのか、楽しみです。

――苗木誠を演じるうえで大事にしようと思っていることは?
西銘 舞台の第1弾、第2弾に比べると、シリアスなシーンも多くなるのかなと思っていて、サバイバルの中でのせめぎ合いや、ピリついた重たい空気感もしっかり出す、というのが大事になってくるんじゃないかと思ってます。

――先日、キャラクタービジュアルの撮影をされましたが、衣裳を着て役になってみて感じたことは?
西銘 衣裳もメイクも本当に忠実に苗木誠を再現されていて、緊張感とともにワクワク感…というか、もっと強い「やってやる!」「戦いが始まる!」って感じが高まって、一気に気合いが入りました。あのヴィジュアルを撮影してから、また自分の気持ちも変わった気がするんですよね。今までは好きなキャラクターへの憧れ、っていう感じだったのが、自分がそれを届けていくんだ、という意識に一歩進んだと思います。

――ちなみに、新しい舞台作品に入って行く時、西銘くん流の準備方法ってありますか?
西銘 その人に成り切るにはその人を見ることが大事だと思うので、原作があるものだったらまず原作を読みますし、アニメ作品があるものだったら、アニメを見ます。役によっては体作りも必要ですけど、苗木くんはそこまで体を作るというのはないと思うんですけど、心のほうは一歩でも苗木くんに近づいていきたいなと思っています。
稽古場に入るまでは僕から苗木くんに近づく作業で、稽古場に入ったら、苗木くんを僕のものに取り込んでいく作業になるんじゃないかと思ってます。

――新しい作品に入る時、初めましての方と積極的に話すほうですか?
西銘 僕、ずるくて、主演じゃない時は黙っちゃうんです(笑)。主演の時はみんなに話に行かないといけない、と思うんですけど、主演じゃない時は、あんまり出しゃばってる感じも良くないなと思うので、ちょっと引いた感じになりますね。
――ということは、今回は。  
西銘 今回は積極的に話していきたいなと思います(笑)。この人はこういう人なんだな、ってだんだんわかってくると、さらに話せますし、稽古に入ったら一気にいろんな面が見えてくると思うので楽しみです。

――本当に個性的なメンバーですよね。
西銘 はい、個性の集まりですよね(笑)。先ほどバッファロー吾郎の竹若元博(天願和夫役)さんともお話させていただいたんですけど、息子さんと一緒に『仮面ライダーゴースト』を見てたよ、って言ってくださって、すごく優しい方だなと思って緊張がほぐれました。ただ、今回は男子勢が少ない現場なので、そこは緊張するんですよね。  

――確かに今まで出演された舞台は、男子中心でしたね。
西銘 そうなんです。やっぱり女性がいらっしゃると、男子トークできないじゃないですか(笑)。ちょっと高校に戻ってきた感覚。最初は女子の前ではカッコつけちゃう感じになるかもしれないですね(笑)。  

――では、西銘さんご自身のことも。最近の“沼”、ハマっていることを教えてください。  
西銘 湯船につかってる時間が大好きなので、その延長で、映画を観たり、そのままお風呂場で夜ご飯食べちゃうんですよ(笑)。  

――食事も(笑)?  
西銘 はい(笑)。ちょっとでもお風呂タイムを楽しみたくて。今日はここで食べちゃおう、って感じで(笑)。湯船の“沼”にハマっちゃってますね。  

――確かにお風呂タイムは大事だとは思います。  
西銘 体を癒す時間ですからね。次引っ越しするときはもっとお風呂が充実するかどうかを基準に探しちゃうかもしれないですね(笑)。  

――では最後に、公演を楽しみにされている方にメッセージを。  
西銘間が追い込まれた時の極限のバトルを期待してください。みんなが追い込まれて戦っていく、っていく中で、裏切りもありますし、思わぬ事態も起きます。非現実的な世界なのにリアルを感じる不思議な空間になると思います。僕らも最大限の熱量を使うので、みなさんも一緒に戦いましょう。
13 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは