【コメント全文掲載】舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- ついに開幕!久保田悠来、萩谷慧悟ら登壇の初日会見レポート

IMAGE
――続いて、脚本・演出担当の毛利さんより、本作の見どころをお願いいたします。

脚本・演出:毛利亘宏さん
TVシリーズ『仮面ライダー鎧武』でも脚本家として担当させていただいており、そして今回、自分がもともとやっていた演劇というフィールドでできることがすごく光栄です。
映像やキャラクター、そして仮面ライダーという、いろんな要素が詰め込まれていて、まだ誰も見たことがない作品に仕上がっています。ぜひご期待ください。

――TVシリーズの仮面ライダーではアクションシーンも見どころのひとつですが、今回舞台化になるにあたり、舞台上でのアクションはどのようになっているのでしょうか。

久保田:テレビの撮影ですと、角度を変えたりして何度も撮影していきますが、今回は舞台ということで、“カメラを止めるな!”ということで……(笑)。

一同:(笑)。

久保田:ずっとアクションを続けていかなければいけないので、やはり緊張感もありますし、それぞれの新しい熱量が出るんじゃないかなと思います。

毛利:アクションシーンは、できるかぎり、生ならではの、生々しいアクションにこだわって作っていきました。迫力が生で伝わるところを楽しんでいただければと思います。

――毛利さんにお伺いします。本日登壇されているお三方の役者としての魅力を教えてください。

毛利:久保田くんに関しては、貴虎が目の前にいるというか、ブレなくてどっしりと構えた、頼もしい座長です。
慧悟くんは、キラキラしていて、TVシリーズと舞台版を繋ぐ重要なキャラクターでもあるので、本読みの段階から「この子で良かった。この子でいける!」と確信があった役者です。

荻谷:ありがとうございます(照)。

毛利:丘山くんは、初めて会うタイプの役者で、すごくアプローチが面白いというか。本作でも貴虎と対をなす大事な役なのですが、ミステリアスで深みのある芝居をしていただいています。

――萩谷さんにとっては今回の舞台の心境はいかがでしょうか?

萩谷:先程も言いましたが、仮面ライダーは小さい頃から見ていて憧れていた作品なので、そんな作品に出させていただけたことがすごく光栄です。
自分の今後の活動にしても、幅はどんどん広げていきたく思っておりまして、いろんなことを吸収して、ちょっとずつ自分のできることを増やしていきたいです。
今回、久保田さん達にも、いろいろとご相談させていただいて話し合いながら作り上げています。とても温かい現場です。

久保田:僕も彼で良かったと思っています。

萩谷:ありがとうございます(照)。

まとめ

舞台は、脚本・演出の毛利亘宏さん、並びにキャストの方々を信じたファンの期待を裏切らない作品となっています!
各公演、まだ当日券の販売もあるとのこと。平成最後の奇跡の瞬間を、ぜひその目に焼き付けてください。
numanではゲネプロレポートも掲載予定です!そちらの記事もお楽しみに♪

チケットの詳細については公式サイトをご確認ください。

【速報】舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- ついに開幕!久保田悠来、萩谷慧悟ら登壇の初日会見レポートnuman3

「仮面ライダー斬月 カチドキアームズ」のフィギュアが劇場に飾ってあります。

10 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは