小南光司、赤澤遼太郎らによる“エモい”過去の物語も|『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction × Road~ゲネプロレポート

毛色の違う3ユニット、それぞれのパフォーマンス

『あんステ』と言えば、アイドルとしての彼らのステージも楽しみの1つ。舞台オリジナル楽曲も毎回話題となります。

今回の見どころはやはり、デッドマンズのパフォーマンス! マイクスタンドを振り回す敬人の貴重なパフォーマンスに鳥肌が立ちます。原作楽曲でもある『Death Game Holic』は勿論、オリジナル楽曲『Black Ball-Room』では、デッドマンズの3人に紅郎が加わり、さらに激しく、背徳的な1曲となっていました。
紅月は仙石忍役の深澤さんが“道具使いの紅月”と呼んでいる、と囲み会見で話していましたが、刀、扇子、和太鼓など、毎回和物を活用したパフォーマンスが話題。今回も羽衣のような布をひらめかせ、『薄紅色の約束』にのせてまるで天女のように舞ってみせました。

『エクストラ・ステージ』初出演となったUNDEAD、流星隊。
流星隊オリジナル楽曲『Sail Away!Go your way!』は正義への船出を歌ったまさにこの海賊フェスのための楽曲。流星隊らしい聞いている人たちを励ますナンバーとなっているので歌詞にも注目です。
そしてUNDEADと流星隊による『VOYAGERS TO FUTURE』では文字通り、未来への希望に満ちた航海時代の幕開けを歌います。この楽曲をUNDEADと流星隊がどうパフォーマンスするのかも、ぜひご注目あれ。

勿論UNDEADのマイクスタンドを使ったパフォーマンスや、色っぽいダンスと歌声も健在。お馴染みのあの楽曲から、意外なソロ曲も……!? 
31 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは