MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN & WINTER 2019~ゲネプロレポート――後悔やトラウマを乗り越え開花する美しき花々

【冬組】大人ゆえに抱える"トラウマ"を乗り越える物語

試練を乗り越えた秋組のメンバーたちからバトンを受け取るのは冬組のメンバー。その中には、神木坂レニの卑劣なやり口に嫌気がさして退団してきた、元GOD座のエース、高遠丞(北園涼さん)の姿がありました。
そして、かつてレニに才能を認められず、1度は演劇の道を諦めてしまった丞の幼馴染、月岡紬(荒牧慶彦さん)も奇しくも同じ冬組に入団することに。

紬の人柄ゆえの繊細な芝居は、多くの人を魅了しますが、本人の自信のなさがその才能を陰らせます。幼いころから誰よりも近くで紬を見ていた丞は、そんな紬が非常にもどかしく、腹立たしくもあるのです。
冬組のストーリーはこの幼馴染2人のお互いへの遠慮と、互いに持っていないものを持っているが故の嫉妬がドラマを盛り上げました。

左から、月岡紬(荒牧慶彦さん)、高遠丞(北園涼さん)

冬組のメンバーには学生がおらず、年長者揃い。しかし、記憶喪失でいつでも寝ているかマシュマロを食べているかの御影密(植田圭輔さん)、「詩興が湧いた!」と突然ポエムを書き始める有栖川誉(田中涼星さん)、年齢不詳で中性的な色気がある雪白東(上田堪大さん)とどこの組よりも個性が強い印象です。

今までの春、夏、秋組と違い、冬組は実力・理解力のある、大人なメンバーたちが集まったがゆえのちぐはぐ感にもどかしさを感じます。
1人ぼっちになることに強いトラウマを抱く東が"監督"に本音を吐露するシーンや、他人の気持ちが分からないことにトラウマがある誉が、とあるアイテムを使ってメンバーたちの本音をコミカルに暴いていくシーンも見どころです。
27 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは