ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守唄~ 詳細レポート!再演のみどころは?

歴史を守るために刀剣男士が選んだ道は?

そんななか、史実では家康の嫡男・松平信康(大野瑞生さん)が実の父の命令で切腹させられる日が迫っていて――。

歴史を守るべきだという思いと、信康を助けたいという思いに苦悩する刀剣男士。石切丸は、史実で信康の介錯を務めた服部半蔵としての悲しい役割を負おうとしますが、やはり信康を斬ることができません。

そんな歴史のゆがみを察知して現れたのは歴史の異物を排除する存在である検非違使。
圧倒的な強さの検非違使を前に刀剣男士たちは歯が立ちません。背後を取られた石切丸を助けようと、検非違使の槍を受けた信康は「あまり無理をするな、半蔵」と育ての親を労わる言葉を残して静かに目を閉じたのでした。

刀剣男士たちは最後の力を振り絞り、検非違使に一斉攻撃を仕掛けます。そして――。
時は流れ、江戸幕府が開かれて10年以上が経過した元和2年。駿府城で最期の時を迎えようとしていた家康は、信康のことを思い出し涙を流します。そこへ、刀剣男士が成り代わっていた今は亡き家臣たちとともに現れたのは――?
31 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは