舞台「どろろ」東京開幕!鈴木拡樹 版は伝説の作品になる――有澤樟太郎らキャストコメントが到着

IMAGE

醍醐景光役:唐橋充さん

原作の醍醐景光はただただ冷血で冷徹な、ワル。本当に悪い男なのですが、舞台版では父として、家族として百鬼丸、多宝丸、そして妻・縫の方とどう関わっていくかという視点でも描かれ、百鬼丸の背景を映し出しています。

鈴木(拡樹)さんのファンを公言している私なのですけれども、鈴木さんを見ているだけで、百鬼丸が切なくて寂しくて。色んな物を背負い込んで純粋でダイナミックで、優しい。今後、鈴木・北原版の「どろろ」は最高だったと、伝説になり、後世に語り継がれるものになると思います。

縫の方役:大湖せしるさん

人々の想い、絆、愛。さまざまな生き様を見届けていただけたらなと思います。この作品が皆様の心に長く残り続けるよう一生懸命この役を生き抜いて参りたいと思います。
31 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは