置鮎龍太郎さんら出演『遙か二十年《鬼》祭』イベントレポート! 言葉じゃなく心でお館様に忠誠を誓え!

アクラム先生(置鮎さん)が担任を務める”私立・遙か幼稚園”クモ組。
室内遊びの時間なのに何をしたらいいかわからないと戸惑うラン(桑島さん)に、アクラム先生は絵本を読んであげることに。

その様子にヤキモチを焼くシリン(川村さん)とアクラム先生の仮面が気になる天真(関さん)は、アクラム先生の仮面を外そうと水鉄砲で攻撃を仕掛けます。
びしょびしょになってしまったアクラム先生ですが、それよりもランは絵本が濡れてしまったことに怒り怨霊を呼んでしまいます。
「地の青龍のバカァーーーーーーーッ!」と爆発を起こすランですが、爆風でもアクラム先生の仮面は外れず。

嘆く天真とシリンに、自ら仮面を取ってみせるアクラム先生。仮面の下の眩い美貌にシリンは「一生ついていきます!」とメロメロ♥天真は「なんだ、ただのイケメンかよ」とぼやくのでした(笑)。
有観客公演ということもあり、登場時に聞こえる会場の拍手の音に「拍手あるの感動する!」「涙出そう」と視聴者からは喜びの声もあがりました。
他にも、「鬼勢揃い豪華すぎる~」「会場にいたらつい声出しそう」との声が上がっていました。

『ライヴコーナー ~side 八葉~』では、『空蝉の恋』(橘 友雅)を井上さんが、『オオカミの涙』(森村天真)を関さんが披露しました。
どちらの曲も約20年前の楽曲ですが、色褪せない名曲の魅力に客席も視聴者もうっとり。

匿名希望Eさんと一緒に司会をしてくれそうなのは!? バラエティコーナー

バラエティコーナーでは、臼杵 寛さんの司会のもと、『クイズ・アクラム様に続け!』に出演者が挑戦します。

臼杵寛さん『遙か二十年《鬼》祭』イベントレポート|numan

▲臼杵 寛さん

早速第1問は、「入れ替わってみたい『遙か』キャラは?」
こちらはイベント公式Twitterにてアンケートで決まったお題です。
お題に対して、アクラム(置鮎さん)がどんな答えを出すかを予想して出演者の皆さんが回答します。

このコーナー、正解を握る置鮎さんに皆さんの揺さぶりが集中(笑)。
「黒?白?」「強い?弱い?」「大きい?小さい?」といった質問から「置鮎さん誰書いた?」といった意表を突くものまで厳しい追求の波をかいくぐり、置鮎さんの出した答えは「白龍の神子」。「襲われる側になりたい」と仰っていました(笑)。

第2問は「アクラムの一番好きなところはどこ?」
「仮面」「黒麒麟」「金髪」と視聴者もそれぞれコメントする中、井上さんの回答は「笑い声」。確かにアクラムといえば高笑いが印象的ですが、実際置鮎さんは台本に書いていなくても高笑いをするそうです。
置鮎さんが出した正解はなんと「人望」。「これだけ部下に慕われるのは人望あってこそ」との理由だそうです。

最後のお題は【匿名Eさん】から。
「私と一緒に司会をしてくれそうな八葉、もしくは鬼は誰だと思いますか?」との質問です。
匿名と書いてはあるのですが、スクリーンに映し出されたシルエットから、すぐに永泉(保志総一朗さん)だと分かった皆さん(笑)。バレバレです。
そこから永泉役の保志総一朗さんと一緒に司会をしてくれそうなキャスト、ということで皆さん考え始めます。

この問題、置鮎さんが選んだのは「三木眞一郎さん」だったのですが、出演者の皆さんが考えた回答とその理由がとっても面白いので、気になる方はぜひアーカイヴ配信で確認してみてくださいね♪

(アーカイヴは、2021年4月11日(日)23:59まで視聴可能です。視聴券の発売は2021年4月10日(土)23:59まで)

鬼の立場で描かれるメインドラマが切ない!

29 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは