梅原裕一郎、白井悠介らがギリギリ発言!?「そういうことは夜になってから…」『声優男子の夏休みですが・・・?』にフルメンバー集結!

ジェスチャー問題で出されたのはこの2問。
「2016年、このらんらんホールのイベントで誕生し、Tシャツにもなった上村画伯のキャラクターは?
「シーズン4の台湾SP、テレビ電話で日本にいたバヤシと梅ちゃん。7人原因が揃った米粒占い。ストレスが強いと言われた梅ちゃんが最近ハマっている趣味とは?

正解はそれぞれ「フラミンゴ」「筋トレ」なのですが、メンバーは各々が思い浮かべたものが一致しているかのを探り合います。しかし、答えは一致しているものの、ポーズでどう表せばいいのかと議論がされる様子も……。

「筋トレ」ではマシンで運動中のポーズやボディビルダーのポーズなどが飛びだし、会場はどっと笑い声で溢れます。3、2、1、の合図で7人一斉にポーズを取れば、客席からは拍手喝采!
2つ目の試練は、絵を描いてしりとりを行っていく「絵しりとり」
くじ引きで順番を決めた結果、本城さん、河本さん、山本さん、梅原さん、小林さん、上村さん、白井さんの順番に。

「夏休み」の「み」からスタートし、順調に「絵しりとり」としていく中、番組屈指の"画伯"である上村さんの番になると、客席からは期待の拍手が……! 

「みなさん、お待たせしました」と、自信満々にセンターに立つ上村さん。上村さんの前の小林さんが描いていた絵の最後の文字は、「プ」。「プ」では次に続くものが思い浮かばないという上村さんに、特別ルールが適用され、「プ」を「フ」に変更することに。

すると、絶対に間違われない自信があると、画伯と呼ばれるきっかけとなった"あのイラスト"が再び……! 
42 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは