立石俊樹の“大物”エピソード続々!? 赤澤遼太郎・北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶、詳細レポート!

しかし、立石さんとの共演シーンが多かった小早川さんからも、撮影の合間の写真撮影を振り返って「公園に行ったら、俊くんがどんぐりを集め出して! 『僕、どんぐり好きなんだ~』『持って帰るんだ~』って止まらなくて、大物だと思いました(笑)」という珍エピソードが明かされることに! 

これには会場も大爆笑で、MCからは立石さんに“どんぐり先生”との異名が贈られました(笑)。

監督&3人からメッセージ

降壇前には堀内監督とともに、各パートの主人公を務めた赤澤さん、立石さん、北川さんが順に挨拶。

まずは堀内監督から「皆さんにとっての“先生”を思い浮かべながら、観ていただけたら嬉しいと思います」とメッセージを送ると、立石さんは「間宮康作を、愛を込めて演じました。撮影では直接会えなかった人もいるのですが、間宮として間接・直接を問わず、作品の中で影響を与えたり受けたりできたと思います」と語ります。

北川さんは「小説家を目指す激動の人生を演じさせていただいて、すごくいいものができたと思います。我々のタンクトップ姿も、注目していただけたら嬉しいです(笑)」と笑顔でコメント。
43 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは