『ネオロマンス♥フェスタ 金色のコルダ ~15th Anniversary~』イベントレポート――15年分の”絆(コルダ)”のカタチ

IMAGE

キャスト、ファンで噛みしめる15年の“絆”

『コルダ15周年記念 想い出トークコーナー』では、福山さんの軽妙洒脱な司会進行で、キャストがエピソードトークを繰り広げました。

まず初めの質問は「アニメ『金色のコルダBlue♪Sky』収録時の思い出は?」。冥加役の日野さんは「駄犬が!」と響也を殴るシーンがゲーム同様にやはり印象的だったようです。一方、峯さんは「収録の休憩中に何故か宮野さんが自ら腹筋を露出しながらスタジオに入ってきたことが思い出」と暴露! 当の本人は記憶がないようで「それ本当に俺!? ヤバいやつじゃん!」とうろたえ、会場は大爆笑でした。

続いては、「ご自身のキャラクターを掴んだと思えた時は?」という質問。キャストの中でも1番若手の武内さんは、『コルダ4』の収録時、無我夢中で演じエンディングまで終えた後に、ふと須永 巧ルートを振り返って、彼という人間を掴めた気がする、とフレッシュに答えてくれました。ヒロインという難しいポジションを演じる高木さんは、かなでと香穂子のイラストをぱっと見た時掴んだイメージに合わせて、台本にチェックするペンの色を変えていると語り、他のキャストも感心していました。

このコーナー以外でも、様々な場面で15年という時を噛みしめるようなコメントが多かった今回のイベント。15年続けてこられたのは、ファンの皆様がいるからこそ、と多くのキャストが感謝を語りました。最後の挨拶では、石川英郎さん(土岐蓬生役)が「これからも僕は健康に頑張りたいと思いますので、皆様もどうかご健康で……!」と会場に呼びかけました(笑)。また、この公演で座長を務めた福山さんからの「今日という素敵な1日が特別になり、そしてその特別が“普通”になる。これからもそうやって一緒に時を重ねていけたらと思います。」という言葉に、会場からは大きな拍手が送られました。

最後には全員で『BLUE SKY BLUE』を大合唱! “あの夏の僕たちのすべて”を感じさせる楽曲で、熱いイベントが締めくくられました。

まとめ

19 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは