鈴木拡樹「霊に間違われたことがあって(笑)」|アニメ『どろろ』先行上映会レポート!

百鬼丸役の鈴木拡樹さん、どろろ役の鈴木梨央さんと、登壇キャストが“W鈴木”だったため、冒頭ではMC・向さんからの「鈴木さん」という呼びかけに、2人が揃って返事を返してしまう場面も。そのため「拡樹さん」「梨央ちゃん」と呼び合うことになり、和やかな雰囲気の中でトークコーナーはスタートします。

百鬼丸は人を勇気づける力を持ったキャラクター

作品についての話題では、鈴木拡樹さんは百鬼丸について「不幸な生い立ちなんですが、それでも戦国の世を強く生きている。強く生きている人を見るとこちらも勇気づけられますし、そういうパワーを持ったキャラクターだなと思います」と紹介。

また原作と比べて今回のアニメ版では「1話まるまるセリフがないじゃないか、という話だったんですが、その変更点もあった上で、最初の百鬼丸は人形のような存在なんです。ストーリーが進むにつれて人間に近づいていく姿が、原作を超えて、皆さんを勇気づける力に変わるといいなと思います」と語ってくれます。
38 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは