河本啓佑、生田鷹司ら登壇!『真夜中アイドル!モザチュン』CD発売記念イベントレポート&キャストインタビュー

ペットに吸血鬼!? 無茶ぶり対決はお手の物!

包み隠さない本音トークでそれぞれの思いを伝えたところで、次のコーナー"PROCYON VS VAn≠ish 無茶ぶり対決~!"へ。
このコーナーでは、PROCYONとVAn≠ishに分かれ、社長から出されたお題に沿って甘いセリフを言い、どちらがマネージャーたちをキュンキュンさせることができるか、拍手の量で勝敗をつけます。

PROCYONに出されたお題は、「三人はペット。一人の女性に飼われています。ある日魔法にかかっておしゃべりができるようになりました。日頃の想いを伝える甘いセリフ」
WEB配信番組「モザチュンTV」などで、無茶ぶりに慣れたPROCYONの3人でも、いきなり"ペット"になりきるのは、なかなか難しい様子。困り果てた後輩たちに河本啓佑さんは「もうお題が人じゃない(笑)」と、生田鷹司さんと顔を見合わせて笑顔で見守っていました。

3人の軽い打ち合わせが終わると、覚悟を決めたような強い意志を感じる表情へ。
すると……。

齊藤智也さん「もっと構って欲しいワン! もっと遊んで欲しいワン!」
根塚 良さん「いつも気ままな猫だにゃん」
山本智哉さん「ウサギだから、一人にしちゃうと寂しくなっちゃうぴょん!」
PROCYON 3人「ご主人様、いつもあそんでくれてありがとう!大好きだ(ワン)(にゃん)(ぴょん)」

恥ずかしさと諦めを浮かべるような3人に対し、生田鷹司さんは「甘いセリフって"好き"とか"愛してる"とかが多いけど、感謝の気持ちでキュンキュンさせようとしていて、俺はとても良いと思う」と、絶賛していました。

続いてVAn≠ishの出されたお題は、「二人は吸血鬼。一人の女性を花嫁にしようと奪い合っています。彼女が永遠に生きる決意をしちゃいたくなるようなロマンチックな誓いの言葉」



VAn≠ishの2人は打ち合わせすることもなく、静かにステージ両サイドへ。
すると、2人ともまるで不良のような言い争いをし、睨み合う、吸血鬼とはかけ離れた寸劇が始まります。
耐えられず他のメンバーからストップが入りますが、暴走したVAn≠ishはそのまま続行。
あわや喧嘩か……! という所で、河本啓佑さんが一息つくと「シュコー……シュコー……ブォンブォン」と聞き覚えのある、某宇宙戦争映画の敵役のモノマネが始まります。
それに乗じて生田鷹司さんも剣を振る仕草を見せ、VAn≠ishによる戦いが勃発。


42 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは