【完全レポート】赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹ら映画『先生から』囲み会見 見どころや注目ポイントは?

映画の見どころ&注目ポイントは?

――映画の見どころや、注目ポイントを教えてください。

赤澤 僕が演じる真北直史というひとりの人物が、ひとつの線として描かれているんですが、そこにいろいろな人物たちが絡み合って、ひとつの物語が収束する話になっているので、その構成に注目していただけたら。そして、普段は舞台を中心に活動している僕たちのお芝居の質感や、初挑戦ならではのいつもと違う姿も、見どころになっているんじゃないかな、と思います。

北川 ひとつのものに没頭して、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨しつつ成長していく姿も、この映画では見られると思います。そういった姿も、楽しんでいただけたらと思います。

立石 3パートからひとつの作品になっているんですが、僕が登場する「先生とホスト探偵」は、全体の中でもスパイスになる部分や、映画自体を和ませる要素が含まれていると思います。その中でも、僕が演じる間宮康作がある事情を知って、そこからほかのパートにも関わる物語が展開していくところなど、登場人物がそれぞれに動いていくところが面白いなと感じました。3パートから構成されている分、そういった要素がほかにもたくさんあるところが注目ポイントです。
田鶴 各タイトルで“先生”に続く、「愛人の子」「ホスト探偵」「遺言」という言葉だけを聞くと一見交わらなさそうだと感じますが、そこに「こういう風にまとまるんだ」という驚きがあり、興味を引くものになっていると思います。それぞれにどう折り混ざって、『先生から』というタイトルに終着していくのか、注目しながら観てほしいです。

小早川 僕が演じる伊草順也という役は、相手の立場や、そのときの状況によって態度を変える人間なので、その見え方の違いにも注目していただきたいです。俊くんも言ったように、僕たちの登場シーンは全体の中でもエッジの効いた場面になっていると思いますし、全編を通して楽しんでいただける作品になっていますので、ぜひ劇場でご覧いただけたら嬉しいです。

吉村 3パートそれぞれ、“先生”との関わり方が違う中で、ひとつの長編作品としては真北健司と小宮久作の“先生”との繋がり方や、タイトルにもなっている“先生”という存在にも注目していただけたらと思います。また「先生の遺言」では、ほかのシーンよりも時代が遡っているので、その雰囲気も楽しんでいただけたらと思います!
27 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは