広告をスキップ

ついに迎えたデザフェス当日!「誰もブースを見てくれない」ピンチから一転…?【ただのオタクが『デザインフェスタvol.59』に勢いだけで出展した話】第2話

初めまして、イラストレーター&ライターのなちゅです。

アイコン

小学校5年生の時に『涼宮ハルヒの憂鬱』でオタクデビューして以降、『うた☆プリ』など顔面が強い男の子が勢ぞろいしているアニメ・ゲーム作品やK-POPアイドル、声優など……ありとあらゆる“沼”に浸かってきたオタクです。

現在アラサー。15年以上にわたり二次元、2.5次元、三次元すべての推しを応援してきた結果、現在は4歳の頃に一目ぼれした某ハムスターキャラ(※ハム太郎ではない)に原点回帰&ガチ恋することで、幸せなオタクライフを送っています。

そんな私が、今年5月に開催されたデザインフェスタ(通称:デザフェス) Vol.59」に出展してきました。

「デザフェス」とは、オリジナルであれば無審査で誰でも参加できる国際的なアートイベントのこと。人気アーティストによるライブペイントやライブパフォーマンス、そしてハンドメイド作家たちが自慢の作品を販売したり、ファンとの交流を楽しんだりする大きなイベントです。

何か楽しいことをしたい!」と、完全に勢いだけで出展を申し込んだ今回のデザフェス。

イラストレーターと名乗りつつも、オリジナルグッズを作った経験はゼロ。また、“見る&読む側”専門のオタクだったため、このようなイベント出展に関する知識やスキルも何もない……!

申し込み~当日までの約5か月間の、ドタバタな様子を全3回でお届けします。

>>「デザフェス出展1か月前、何も準備してない…!」第1話はこちら

第2話

オタクがデザフェスに出展した話

オタクがデザフェスに出展した話

オタクがデザフェスに出展した話

オタクがデザフェスに出展した話

オタクがデザフェスに出展した話

オタクがデザフェスに出展した話

オタクがデザフェスに出展した話

オタクがデザフェスに出展した話

>>次回のお話はこちら

IMAGE

なちゅ

イラストレーター&ライター。二次元と三次元のあらゆる沼にはまった結果、ハムスターにガチ恋中。アラサーオタクの日常漫画を描きます。

この記事に関連するタグ

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます