『おぱんちゅうさぎ』、シティポップ…胸がぎゅーっとなるものが好きな降幡 愛の“推し活マイルール”は「一人でコソコソ楽しむこと」

『おぱんちゅうさぎ』、シティポップ…胸がぎゅーっとなるものが好きな降幡 愛の“推し活マイルール”は「一人でコソコソ楽しむこと」

――ニューシングル「ホホエミノオト」は、楽曲、アートワーク、MVにレトロカルチャーが詰め込まれていますよね。ご自身の好きを貫いているなと感じました。

降幡:
「ホホエミノオト」はTVアニメ『アストロノオト』のオープニングテーマということもあり、どこまでオリジナリティを出すかすごく迷いました。ただ、そもそもアニメ自体がレトロな雰囲気を持っていたので、結局私の好きな要素を取り入れました(笑)。

『おぱんちゅうさぎ』、シティポップ…胸がぎゅーっとなるものが好きな降幡 愛の“推し活マイルール”は「一人でコソコソ楽しむこと」

デビューからお世話になっている本間(昭光)さんに曲をつくっていただきました。

そして、歌詞は森雪之丞さんにお願いしました。1stカバーミニアルバム『Memories of Romance in Summer』で中原めいこさんの「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」をカバーしたんですけど、この楽曲の歌詞を書かれていたのが森さんで……今回も書いていただけて、すごく嬉しかったです。

基本お任せで歌詞を書いていただいたのですが、明るく、ポップで、アニメのテーマソングらしいキャッチーさを歌詞に取り入れてもらい、作詞家さんのすごさ、プロの仕事を改めて肌で感じました。

――歌詞も曲もかわいらしい雰囲気なのに、歌声は大人っぽくて驚きました。

降幡:
今までの声色は保ちつつレコーディングしました。

自分で歌詞を書く時、どうしても暗い歌詞になってしまうので、いつも悲しい女性をイメージして歌っているんですね。「ホホエミノオト」は明るくポップな楽曲ではありますが、普段のアーティストとしてのイメージと離れすぎてしまうのは違うなと思って。レコーディングでディレクションいただく時に話し合って、“アーティスト・降幡 愛”として歌うことに決めました。

また、私が『アストロノオト』で演じる松原照子のキャラクターソングがあります。彼女はアイドルなので、そことの差を出したくて。「降幡 愛と松原照子はこれだけ違うんだぞ!」と見せたかったんです。

――「ホホエミノオト」は、ジャケットやMVにもすごくこだわられていますよね。

降幡:
アートワークは、『アストロノオト』にご飯のシーンが多いのと、主人公(宮坂拓己)が料理人なので、“食事”の要素を取り入れました。アー写もこれまではカッチリとしたダブルスーツの写真が多かったのですが、今回は等身大の自分に寄せています。

『おぱんちゅうさぎ』、シティポップ…胸がぎゅーっとなるものが好きな降幡 愛の“推し活マイルール”は「一人でコソコソ楽しむこと」

デビューしてから今まで私のアーティスト活動を支えてくれているスタッフの皆さんとつくり上げたんですよ。私が好きなものを熟知しているので、出来上がったものを見て「私が細かく言わなくても好みが伝わっているな」と感じました(笑)。

また、MVは曲が出来上がってから作成したのですが、まず「アニメのイメージを崩さないようにするにはどうしたら良いか」を考えました。その中で、アートワークと同じく「料理」は外せないなと。そこから「昭和の料理番組」のアイデアが出ました。

セットをはじめ、昭和テイストに合わせて画角を小さくしたり、映像の質感をザラっとさせたり……MVの監督(鳥畑恵美莉)がこだわりを詰め込んでくれました。面白くて“違和感のある”MVにできたんじゃないかなと思います。

――最初拝見した時、いい意味で「現代の映像なの!?」と驚かされました。MVの撮影はいかがでしたか?

降幡:
私、キャラや役を演じていないと表に出られないといいますか……“そのままの降幡 愛”で人前に立つことが恥ずかしいんですよね。“アーティスト・降幡 愛”を演じながら歌う方が楽なので、「ホホエミノオト」のMVはそのままの私を求められてちょっとドギマギしました(笑)。

私が全く登場しないMVもあるのですが、今回はガッツリ登場しているので(笑)、いろんな表情を見てもらいたいです。

――声優としてデビュー当初から人前に出る活動をされているので、「人前に立つのが恥ずかしい」というのは意外でした。

降幡:
先ほどもお話ししたように、自分で一人でコツコツ楽しむのが好きなので、本来は表に出るよりも裏で絵を描いたり何かつくったりする方が向いているのだと思います。小さい頃から口下手でしたし、友達になりたい子、好きな子とコミュニケーションを取る時も、絵を描いて自己表現していましたし……。

だから、もともとは裏方のお仕事がしたくて、声優も裏方だと思っていたのですが……蓋を開けてみたら表に出ることになってしまったという感じです(笑)。

『おぱんちゅうさぎ』、シティポップ…胸がぎゅーっとなるものが好きな降幡 愛の“推し活マイルール”は「一人でコソコソ楽しむこと」

――小さい頃からクリエイティブなことで自己表現をしていたのだと思うのですが、アーティスト活動の中では作詞が自己表現の一つですよね。「ホホエミノオト」のカップリング曲「セカンド・ブルー・アワー」も降幡さん自身が作詞を担当されています。

降幡:
シティポップ界で有名なTokimeki Recrodsさんに楽曲制作をご依頼して、運よくつくっていただきました。「夜の雰囲気があって、私っぽいイメージの“THE 昭和ソング”をつくってください」とお願いしたところ、すごく都会的でオシャレでカッコいい楽曲を上げていただいて。楽曲をもとに歌詞を書いていきました。

「ホホエミノオト」がパン!と明るい楽曲だったので、カップリングは自分が「これ!」と思う楽曲に振り切りたいと思い、悲しい歌になりました(笑)。「“本命になれない女性”、“叶わない恋”っていいな! 歌詞にしたためたいな!」と。デビュー当時も悲しい歌詞ばかり書いていたので、「セカンド・ブルー・アワー」で原点に戻れて満足しています。

――<最後には私を選んでよ>の歌詞に、“本命になれない女性”や“叶わない恋”のすべてが詰まっているなと感じました。

降幡:
Tokimeki Recrodsさんの世界観も消したくなかったので、“2番目の女”というテーマが決まるまでは大変でしたね。テーマが決まってからは“2番目の女”を歌詞の主人公に据え、彼女が愛した相手の人物像をつくっていきました。

彼はレコードを聴くくらいオシャレでいけ好かない人。きっとろくでもない人ですね(笑)。そんな登場人物たちの漫画を描いていくイメージで歌詞を書き進めました。そこからは一気に歌詞が思い浮かんだんです。

<ターンテーブルの上で回るの 針が落ちたとき 心地いいテンポ止めて微笑むわ>というアナログレコードを表現したサビの歌詞は、我ながら「いい歌詞ができたな」と思いました(笑)。「セカンド・ブルー・アワー」というキャッチ―なタイトルも、頭の中にふと思い浮かんできて。さまざまな捉え方ができる楽曲だと思うので、この曲を聴いていろいろ感じてもらえたら嬉しいです。

推しの共通点は“違和感”「何か足りない! それが愛おしい!」

――アーティスト活動の基盤になっている“レトロカルチャー”。降幡さんが感じている魅力を教えてください。

降幡:
私たち平成生まれからすると、昭和って不思議な時代じゃないですか。その時代を生きていた方に話を聞くと、「そんなことある!?」という話ばかりで。お金を握りながら手を挙げてタクシーを停めたり、マイカーを持っていることが当たり前だったり、ディスコなどで夜遊びを頻繁にしていたり……「本当にそんな時代があったんだ!」って不思議な気持ちになる。

すごくギラギラしていて、ファンタジーのようなフィクション的な魅力があるんですよね。胸がぎゅーっとなります(笑)。

『おぱんちゅうさぎ』、シティポップ…胸がぎゅーっとなるものが好きな降幡 愛の“推し活マイルール”は「一人でコソコソ楽しむこと」

――降幡さんの胸がぎゅーっとなる理由って何なのでしょうか……?

降幡:
うーん……たぶん“違和感”なんだと思います。

――“違和感”ですか?

降幡:
私、昔から周りの友達に変わり者が多かったんですよね。学生時代って目立たなければ目立たないほど平和な生活が送れると思うのですが、そんな中で個性が突出している子を見ると「あー、好きー!!」となってしまって(笑)。そういう生きてきた環境が、私の“違和感”好きの原点だと思います。

一般的に、“蛙化現象”と言われるようなことも大好きで。例えば、普段はすごく素敵なのに走り方がすごく変な人とか。みんなが「素敵だと思っていたのに、無理になってしまった……」とドン引きするようなポイントが逆にキュンとする。「この人、何か足りない! 愛おしい!」って(笑)。

――足りないことにトキメクんですね(笑)。

降幡:
「なんか変!」と思った時に、胸がぎゅーっとなります(笑)。ほかにも、女子高生のカバンに付けている一見かわいいぬいぐるみが、使い込まれてクタクタになっているのを見ると「かわいそう! でも愛おしい!」とか。そういう感情にさせてくれる人やものがすごく好きだし、推してしまいますね。

私には妹がいるのですが、妹からするとどうやら私も違和感のある人間みたいで……。「お姉ちゃんはヤバい。この仕事で良かった」と言われるんですよ。だから私も、どこかで誰かの心をぎゅーっとさせているのかもしれません(笑)。

『おぱんちゅうさぎ』、シティポップ…胸がぎゅーっとなるものが好きな降幡 愛の“推し活マイルール”は「一人でコソコソ楽しむこと」

――「ホホエミノオト」に収録されている2曲も明暗があり過ぎて、いい意味で“違和感”がありました。そこに胸がぎゅーっとなる人も多そうですね。

降幡:
ぎゅーっとなってほしいですね。「ホホエミノオト」と「セカンド・ブルー・アワー」は、楽曲だけでなく声色にも変化を加えています。一度で二度美味しいシングルになったと思うので、いろんな意味で面白さを感じながら聴いてもらえるのではないかと。

こうやって自分の「好き」を形にできる環境にいられるのは、すごく恵まれていること。私は誰かに「これをやって!」と言われて素直に従えるタイプではなく、自己流を入れてしまうタイプなので……。好きにやらせてくれるスタッフさんやファンの皆さんのおかげで自分らしく活動ができている。それがとてもありがたいと感じています。

(執筆:羽賀こはく、取材&編集:阿部裕華・柴田捺美、撮影:小川遼)

降幡 愛さんサイン入りチェキプレゼントキャンペーンを公式Instagramで実施中!


■応募方法
1.numan公式Instagram(@numan_media)をフォロー
2.キャンペーンポストのいいね&保存
3.numanへの応援orあなたの推しをコメント

■当選について
・応募いただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。
・当選者の発表は、当選者様へのご連絡をもって代えさせていただきます。
・当選者様にはInstagramのダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。

■キャンペーン応募規約
・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせて頂きます。プレゼントの海外への発送は行いませんので、あらかじめご了承下さい。
・プレゼントの発送は発送先情報が確認でき次第、2週間を目安に順次発送致します。但し、発送が遅れる場合もございます。
・当選の権利を第三者に譲渡することはできません。
・プレゼントを換金することは禁止します。
・応募情報等の不備及び虚偽、その他当社にて不適格であると認められた場合、プレゼントの提供対象もしくは当選対象から除外すること、又は、提供もしくは当選の取り消しを行うことがございます。
・当選の有無、取り消し理由等その他本キャンペーンの個別のお問い合わせにはお答えすることができませんので、あらかじめご了承下さい。
・当社都合により本キャンペーン及びプレゼントの内容が変更となる場合がございます。
・本キャンペーンにかかわるお客様の個人情報は、当選者へのメール連絡、プレゼントの発送以外の目的で一切利用いたしません。
・当社は、プレゼントの配送業者による配送遅延、未配及び情報等の消去・滅失等に起因して生じる損害について、賠償義務を負わないものとします。また、プレゼントの返品及び交換にも応じません。
・本キャンペーンに参加したこと、またできなかったことから生じるお客様の損害に関して、当社及びX社は一切責任を負いませんので予めご了承下さい。
・本キャンペーンはX社が運営・提供・協賛するものではありません。
・当社は、プレゼントの配送業者による配送遅延、未配及び情報等の消去・滅失等に起因して生じる損害について、賠償義務を負わないものとします。また、プレゼントの返品及び交換にも応じません。
・本キャンペーンに参加したこと、またできなかったことから生じるお客様の損害に関して、当社及びMeta社は一切責任を負いませんので予めご了承下さい。
・本キャンペーンはMeta社が運営・提供・協賛するものではありません。

3rdシングル「ホホエミノオト」リリース概要

降幡 愛 3rdシングル「ホホエミノオト」
5月29日発売

【通常盤】
品番:LAPS-4018
価格:¥1,430(税込)

【アニメ盤】
品番:LAPS-4019
価格:¥1,430(税込)
※TVアニメ『アストロノオト』描き下ろしイラストジャケット

<収録内容>
1. ホホエミノオト
作詞:森 雪之丞 作曲・編曲:本間昭光
ほかカップリング1曲収録
※収録内容は2形態共通

降幡 愛プロフィール

降幡 愛(ふりはた・あい)
1994年2月19日生まれ、長野県出身。

降幡 愛 オフィシャルサイト: https://furihataai.jp/
降幡 愛 公式X(旧:Twitter): https://x.com/furihata_ai
降幡 愛 Instagram: https://www.instagram.com/furihatagram/
降幡 愛 アーティストYouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/@furihata_ai

IMAGE

羽賀こはく

横浜市出身。インタビュー記事をメインで執筆。愛猫2匹に邪魔をされながらゲームや漫画を楽しむことが生き甲斐。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます