『ポケモン』から学んだ“好き”を貫く大切さ。多様性の時代にあの言葉が響く

掲載/更新 0
IMAGE
悪いわけではないのですが、何かのスイーツが流行ればメディアはどこもかしこも同じことを騒ぐ。そしてそのスイーツを「一生食べます!」なんて過剰に持ち上げる人をフィーチャーして、そして結局は数ヶ月でもう忘れている……。

『ポケットモンスター 銀 専用ダウンロードカード特別版』

『ポケットモンスター 銀 専用ダウンロードカード特別版』

私は自分がすごいとは全く思いませんが、幼少期の頃からずっと『セーラームーン』が大好きで、本当に一度もブレたことがありません。なので今までに累計すると数千万円をかけてグッズを集めていまして、今は日本一のコレクターだと言われるようになりました。

でもこれは自分にとっては当たり前でして、逆にどうしてみんなすぐに新しいものに影響されて、あれだけ好きだと言っていたものを簡単に忘れたりなくしたりしてしまうのだろう?ということだけなんです……。

好きだった気持ちを否定したくない

政治家でも選挙でも結婚でも、あれだけ好きと言っていたり、公約を掲げたり誓いを立てたのにすぐにそれを捨ててしまう。私はこういう感覚って、言い換えると過去の自分の大切な時間を否定しているのと同じだと思ってしまうんですよね。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません