橋本祥平「大志くんのブレザー姿がイケてる」水ドラ25『闇芝居(生)』インタビュー編

掲載/更新 0
―――ホラーイベントに参加されたのは今回がはじめてですか?

白又 ああ、そういえばはじめてですね。

杉江 僕もはじめてです。
怪談のイベントって世の中にはたくさんあるけど、今回みたいにいろいろなコーナーが織り交ぜられたホラーイベントはめずらしいですよね。

橋本 僕は昔、ホラー映画に出演させていただいたことがあって(劇場版ほんとうにあった怖い話2019~冬の特別篇~「Trick or Treat」/2019年11月)。
その試写会のときに怖い体験談を披露したことはあったんですけど、よっぽど今回のイベントの方がふざけられました(笑)

―――本イベントではチャット機能によって、ファンの皆さんの声がリアルタイムで届くというシステムでしたが、こちらはいかがでしたか?

橋本 MCの野沢アナウンサーが、手元の端末に寄せられるコメントを読み上げてくださるんですけど、そのコメントが全部リアルだから、皆さんと会場に一緒にいるような気分を味わえました。やっぱり反応をいただけるってうれしいですね。
でも、ピックアップするコメントの中には、たまに結構な無茶ぶりも含まれていたりしますが(笑)。

白又 それも含めて、まさにお客さんと一緒にイベントを作り上げている、って感じですね。

杉江 寄せられてるコメント数もきっと多いんだろうなっていうのは、今回すごく感じることができたから、ありがたいなぁって思いました

今回のイベントは“ゆるゆる”だった!?

―――橋本さんと白又さんは第1回目の配信にもご出演されていましたが、前回はいかがでしたか?

白又 前は初回ということもあって、探り探りという感じでしたね。緊張感もほどよくあったから“闇芝居感”はいい意味で出ていた気がします。
今日に関しては全員見知った人ばかりだったので好き放題やらせていただきました(笑)。そんな信頼のおけるメンバーだったので、今回はいい意味で“ゆるゆる”でした。

橋本 初回は内容もホラーにフォーカスしていて、終わったあとの皆さん反応も「怖かった〜!」っていうのが多かったんです。
今回はホント“ゆるゆる”(笑)。そう思うと今回の方が皆さんもコメントをしやすかったのかも知れませんね。

杉江 それはあるだろうね。ボケ担当がうまく揃ってたし。

白又 ここに大先輩がいたりしたらまた別の緊張感があったかも(笑)。

―――今日、本番がはじまる前の楽屋裏の雰囲気は?

杉江 わちゃわちゃしてたっけ。みんな顔見知りだったもんね。

橋本 出る直前まで、裏でふざけてたね

白又 (笑)。しかもふざけてたの、この3人じゃん!

杉江 そう思うと今回のこのインタビュー、とってもいいメンツですね。

―――怪談朗読の台本をいただいたときの感想は?

杉江 僕は台本をいただいてから、家に帰ったあと夜に読もうと思ったんですけど、一行目を読んで「怖っ!」ってなってやめました。「よし、日が昇ってからにしよう」って(笑)
普段なら寝る前に一度はざっと台本に目を通すのに、今回ばかりは断念しちゃいました。

―――初回の配信イベントで披露した怪談を、別のキャスティングで朗読されたわけですが、自分が読んだ怪談を他の人が読み上げるのを見てなにか発見はありましたか?

橋本 発見ありまくりでした。だよね?

杉江 おのおのの着眼点が違って、「どこに重きを置いてるか」っていうのを横で見られて面白かった。

白又 自分じゃ思いつかないような「持っていきかた」とかね。あとかぶらないようにしなきゃな、とかも考えたり。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません